試し行為をする人の心理とは?相手別の対応法とやめたい時の対処法

「試し行為」という言葉を聞いたことがありますか?「悪気はないのかも…」と思っても、いざやられたら嫌な気持ちになりますよね。試し行為をする人は、一体どんな心理を抱えているのでしょうか。今回は、試し行為の意味や、試し行為をする人の心理、対処法などを紹介します。また、試し行為をしてしまう自分を変える方法も解説していきます。

  • そもそも「試し行為」ってなに?

    「試し行為」という言葉を聞いたことはありますか?

    試し行為とは、その名の通り、誰かをあえて試すような行為のことを指します。それが自分勝手な振る舞いだったとしても、相手を試すことで自分の心理や欲求を満たそうと考えるのですね。

    愛情を試すための行為


    試し行為は、特に愛情を試したいときに行われることが多いです。相手の愛情に不安を感じたり、もっと愛情が欲しいと思った時に、相手を試すようなことをして愛情を感じようとします。

    基本的には、愛情を試す行為は恋人や配偶者に対して行われることがほとんどです。しかし、中には友人や家族に行う人もいるので、試し行為は恋愛に関することとは決して言い切れません。

    試し行為は別れの原因になることも


    やられたことがある人ならばわかると思いますが、基本的に試し行為をされた側は不愉快な気持ちになります。そもそも人を試すという行為はあまり良い印象を持ちませんよね。

    最初から「これからあなたを試します」とわかっていたら、不愉快に思う人はあまりいないでしょう。試験なども「あなたの学力やスキルを試します」という目的で実施しているため、不愉快に思う人はいませんよね。

    しかし、試し行為は事前に告知されるわけではなく、される側が納得していない状態で行われることがほとんど。身勝手に試された側は不愉快であり、大半の人は不信感を抱いて距離を置こうと考えるでしょう。つまり恋人ならば、別れの原因になることも珍しくないと言えるのです。