策士の意味・策士といわれる人の特徴とは?項目別に徹底解説!

物事の全体像をとらえ、解決のための最短ルートを見つけることを得意とする「策士」は、味方であれば心強い反面、敵に回すと恐ろしい存在です。この記事では、そんな策士の特徴を具体的に紹介しています。また、歴史上の策士と呼ばれる人物や名言についてもまとめました。

  • よく聞く「策士」ってどういう意味?

    「歴史上の人物である〇〇は、策士として恐れられていました」「あの人は策士だから気を付けて」など、どちらかというと恐れられる存在として紹介されがちなのが、策士です。具体的にはどんな人を策士と呼ぶのでしょうか。

    この記事では、策士の基本的な意味や類語をはじめとして、策士と呼ばれる人の特徴や注意点を紹介しています。また、策士と呼ばれる有名人について、エピソードや名言もあわせてみていきましょう。

    策士の意味


    敵に回すと怖い印象の策士ですが、そもそも「策士」の言葉の意味をご存知でしょうか。策士の意味について調べてみると、「策略を立てるのが上手い人」「駆け引きを巧みに操る人」などと紹介されています。

    戦乱の時代には、自軍の勝利のために策略を立てたり、利益を得るために駆け引きをする人が存在しました。もちろん自軍の兵士や資金を調達することも重要ですが、よい策士と出逢って味方につけることも勝利のために必要だったようです。

    現代の日本で裕福な生活を送るためには、人脈や知識が必要ですよね。事業を立ち上げるための知識だけでなく、人脈を築いて多くの人の協力を得るための社交性や、他の人では思いつかないようなアイデアの発想力を持つ人が、現代社会における策士といえるのではないでしょうか。

    策士の類語


    策士には、頭の回転がはやい人や、物事をすすめる段取りを組むのが上手い人が多いです。このことから、「軍師」「兵法者」「戦略家」「策略家」などが類語として挙げられます。

    また、現代社会において、仕事ができる人や出世がはやい人も策士と呼ばれることがありますよね。このような観点から、「やりて」「凄腕」「敏腕」なども策士の類語と考えていいでしょう。

    以上を総括すると、策士は「自分の持っている能力を駆使して物事を有利にすすめる方法を考え、行動に移せる人」と捉えるとわかりやすいですね。