ナンパ師に要注意!特徴&手法や狙われやすい女性の特徴を大公開!

女性を狙うしつこい「ナンパ師」にご用心。女性に警戒されないよう、手口が巧妙になってきています。この記事では、ナンパ師のテクニックや、狙われやすい女性の特徴について解説しています。心も体もボロボロになる前に、毅然と断る勇気を持ちましょう。

  • タチの悪い「ナンパ師」に要注意!

    皆さんは、「ナンパ師」という存在をご存知ですか?街中で女性に声をかけてくる男性は昔からいますが、最近ではSNS上にもナンパ師がはびこっています。

    女性の意見としては「ナンパ目的で声をかけてくる男性は鬱陶しい」というものがほとんどなのではないでしょうか。迷惑なナンパ師を撃退する方法を考えていきましょう。

    そもそも「ナンパ師」とは?


    ナンパ師とは、何らかの目的を持ち、見ず知らずの女性に声をかけ続ける男性のことを指します。駅前などで待ち合わせのために一人で立つ女性や、街中を歩く女性にいきなり話しかけることを何度も繰り返す男性です。

    昔のナンパは、「お茶しない?」といきなり誘うパターンが多かったですが、それでは相手にしてもらえないことを今のナンパ師は熟知しています。

    そのため、女性が対応せざるを得ないような声のかけ方をするなど、テクニックを磨いているため、引っかかってしまう女性が多いと言われているのです。

    ナンパ師っぽく見えない人が多い


    ナンパ師と言えば「チャラ男」のイメージが強い人が多いのではないでしょうか。茶髪や長髪で、アクセサリーをジャラジャラつけたいかにも軽薄そうな見た目の男性です。もちろん、そのようなタイプのナンパ師もいますが、最近はナンパ師には見えないような好青年風の男性もいるのです。

    そのような普通の男性に声をかけられれば、女性もうっかり警戒心をなくして引っかかりやすくなってしまいます。

    経験豊富なナンパ師はメンタルが強い


    ナンパ師の中には、何年もナンパを繰り返してきた熟練者も存在します。ナンパを嫌がる女性がほとんどであることを経験上よく知っているため、どうすれば相手にしてもらえるかを学んでテクニックを磨いています。

    ナンパ慣れしていない女性にも警戒されにくい話しかけ方などを身につけているうえ、メンタルもかなり強いです。そのようなナンパ師につかまり立ち止まって話を聞いてしまえば、もう相手のペースに飲まれてしまうでしょう。