気が利く人の特徴と目指し方!気が利かない人との違いも一挙解説

  • 気が利く人の特徴《行動編》

    先ほどは、気が利く人の性格面での特徴についてご紹介しました。しかし、性格はすぐに真似することができませんよね。そんな時は、気が利く人の行動を真似してみましょう。行動なら今すぐにでも実践することが可能ですよ。

    ここからは、気が利く人の行動について解説していきます。「気が利く人になりたい」と考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    自分から積極的に挨拶をする


    朝一番に、誰かから挨拶をされるのはとても嬉しいことですよね。テンションがなかなか上がらない人でも、「今日も一日頑張ろう」と思えるかもしれません。逆に、挨拶されず無視をされると、あまり気分がいいものではありません。

    気が利く人は、周囲の人をハッピーにする力があります。その一つとして挙げられるのが、自分から積極的に挨拶をすること。挨拶はコミュニケーションの始まりでもあるため、そのあと自然な会話につなげることもできます。

    空気を読むのがうまい


    常に周囲のことを観察している気が利く人は、空気を読むのが上手です。その場の空気を瞬時に読み取ることができるため、自分がどのような役回りになれば良いのかを判断することができます。空気を読むのはとても大事なことです。

    空気が読めないと、周りから「あの人はなんかズレてるな…」と違和感を抱かれることもあります。初めから空気を読むことは難しいですが、周囲を見渡すことで見えてくるものがあるかもしれませんね。

    感謝や気遣いの言葉が多い


    人から「ありがとう」という感謝の言葉や、「大丈夫?」などの気遣いの言葉をかけられて、嫌な思いをする人はいないのではありませんか?むしろ「自分のことを見てくれているんだ」と嬉しくなりますよね。気が利く人は、そんな感謝や気遣いの言葉を口にすることが多いようです。

    相手が嬉しいと思うことをさりげなく言えるので、「もっとこの人と一緒にいたい」と思われるでしょう。まずは、感謝や気遣いの言葉を周囲の人にかけてみてはどうでしょうか。

    相手の立場に立つことができる


    人の立場に立って物事を考えるのは、簡単そうに見えて意外と難しいこと。多くの人は、相手の立場に立ちたいと思っていても、ついつい自分のことを優先して考えてしまいます。しかし、自分のことばかり考えていると、「自分勝手な人」と思われてしまうでしょう。

    気が利く人は相手の立場に立って考えることができるので、相手がしてもらってうれしいと思うことがよくわかり、率先して行うことができます。