巨乳好き男性の特徴とは?大きなおっぱいが好きな理由ときっかけ

気になる彼が実は巨乳好きだったら、あなたならどう感じますか?自分が巨乳ならなんの問題もないかもしれませんが、そうではない女性なら「自分は恋愛対象になれないかも…」とショックを受けるはずです。この記事では、巨乳好き男性の心理や特徴を掘り下げていきます。貧乳だけど巨乳好きな男性と付き合いたい!と思っている女性は、ぜひ参考にしてください。

  • 男性はみんな巨乳好き?

    男性はほとんどが巨乳好きです。もちろんそうでない人もいますが、大多数は巨乳好きと言っていいでしょう。少なくとも、巨乳が苦手という男性は少数派ではないでしょうか。女性が高身長な男性や筋肉質な人を好むのと似ているかもしれません。

    しかし、なぜ男性は巨乳が好きなのでしょうか。また、そもそも男性にとって巨乳とはどのくらいの大きさなのでしょうか。女性には気持ちが分からないので、ちょっと気になりますよね。では、巨乳好きの男性の心理に迫っていきましょう!

    何カップ以上が巨乳なの?


    一般的に、男性はEカップ以上が巨乳だと認識しているようです。女性の認識だと、Eカップは相当ハードルが高く感じられますが、男性はEカップ未満だと大きいとは感じないようです。服の上から見るので、Eカップくらいボリュームがないと分かりにくいという事情が影響しているのでしょう。

    また、これももちろん一概には言えませんが、Cカップを最低ラインだと考えている男性は多いです。Aカップが良いという人はあまりおらず、Bカップはごく少数、大多数の男性がCカップやDカップを希望しているようです。Eカップ以上が良いという声も少なくありません。

    一般的な胸のサイズは?


    先ほど紹介したのは男性の希望ですが、これはかなり現実離れしているように感じる女性は多いでしょう。それもそのはず、日本人女性の約5割はCカップ未満だからです。「彼女にするならCカップ以上は欲しい」と思っている男性は、5割の女性を恋愛対象から除外していることになります。

    ただ、これは「彼氏の身長は最低170cm以上欲しい」と考える女性が多いのと同じ。170cmを超える日本人男性は約5割なのだそう。男性と女性は、お互いにかなり現実離れした条件を出し合っているのかもしれませんね。
  • 巨乳好きな男性の特徴

    もちろん、すべての男性が巨乳好きなわけではありません。また、胸が大きいほうが良いとはいっても、「あまり大きいのはちょっと…」という男性もいます。

    では、それとは異なる「できるだけ大きいほうが良い」という真の巨乳好き男性にはどんな特徴があるのでしょうか?

    甘えたがり


    女性の胸は母性の象徴です。どんな子供も母親の胸で育ちますし、その柔らかさは包み込むような安心感を与えます。

    巨乳好きの男性は、そういった魅力に惹かれることが多いようですね。要するに甘えん坊なわけです。このタイプの男性と付き合うと、普段は大人の男ぶっていても、家では急に甘えてくることもありそうです。

    タバコを吸う


    タバコを吸うというと、大人の特徴のように見えるでしょう。しかし、実はその裏には子供っぽい心理が隠されていることがあります。

    タバコを吸う理由はいろいろあると思いますが、口寂しいから、というのもそのひとつでしょう。この口寂しいという気持ちは、母親のおっぱいを求める気持ちからきているといわれています。つまり、タバコを吸うことで安心感が得られるのは、赤ちゃんがおしゃぶりをくわえて安心するのと同じ性質があるということです。

    爪をよく噛む


    男性に限らず、イライラしたときや不安になったときに爪を噛む人がいます。これも、精神が不安定になったときに、何かを口に含むことで安心したいという心理からきているといわれています。

    つまり、タバコと同じく、爪がおしゃぶりの役割をはたしているということです。人前では恥ずかしいので我慢していても、爪がガタガタになっていたら巨乳好きの可能性が高いかも…?

    ガムを噛む


    爪やタバコは食べ物ではありませんが、もちろん食べ物でも口寂しさを紛らわせることができます。もっとも典型的なのはガムです。いつもガムを持ち歩いているような男性は巨乳好きの傾向があるといえそうです。

    ほかにも、コーヒーやちょっとしたお菓子など、基本的に何か口に含むものをいつも確保しておきたいタイプは、同じく口寂しさを感じている可能性が高いです。どれほど大人っぽく見えても、本当は甘えたいのかもしれませんね。