LINE嫌いな人の心理と特徴!苦手な人への連絡のコツも徹底解説

  • LINEが嫌い!どう対処すればいい?

    今ではLINEで連絡をやり取りするのが主流となっていますから、とりあえずLINEには登録しているというLINE嫌いの人も多いのではないでしょうか。ですが、できるだけLINEで気を遣って神経をすり減らすのは避けたいですよね。

    ここからは、LINE嫌いな人におすすめの対処法をご紹介していきます。

    できるだけLINEの連絡先を交換しない


    LINEでは、QRコードやふるふる機能で簡単に連絡先を交換することができますよね。ですが、一度連絡先を交換してしまうと、メールアドレスや電話番号を交換していない人とも繋がってしまうことがあります。

    登録した友達の数が多ければ多いほど、その人達からLINEが来る可能性も高くなるので、そこまで親しくない人とはあまり連絡先を交換しない方が良いでしょう。

    休日はLINEの通知を切る


    LINEが来れば、そのたびに通知が表示されてしまいますから、誰からどんな内容のLINEが来たのか気になってしまうでしょう。

    ですが、通知が来るたびにいちいちLINEを確認していると、「早く返信しなきゃ」といったプレッシャーを感じてしまうため、ますますLINE嫌いに拍車がかかってしまいます。そのため、LINEを確認する回数を減らすためにも、休日はLINEの通知を切っておくことをおすすめします。

    グループLINEに参加しない


    参加しているグループ数が多ければ多いほど、それだけたくさんの人とやり取りしなければなりませんし、会話についていくだけで精一杯になってしまいます。

    ですから、友人や同級生、職場の繋がりでグループLINEに招待されることも多々ありますが、できるだけグループLINEには参加しないようにしましょう。

    参加するにしても、既読・未読スルーしても人間関係が険悪にならない、必要以上に気を遣わないような本当に仲の良い友人や身内程度に留めておいて下さい。

    自分のペースを守る


    既読マークが付くことで「早く返信しなきゃ」というプレッシャーを感じてしまい、自分のペースを乱されてしまうから、LINEでやり取りするのが嫌になってしまうのかもしれません。そういった人は、返信したい時に返信するというように、自分のペースを守るようにすると良いでしょう。

    もし、既読スルーをしてしまった時や返信が遅くなってしまった時にとやかく文句を言ってくるような人がいれば、その人とは距離を取ってしまった方が良いのではないでしょうか。

    心の底から信頼し合っていて気を遣わない仲なら、既読スルーされたり、返信が遅れたりすることで、人間関係が険悪になることはありません。