LINE嫌いな人の心理と特徴!苦手な人への連絡のコツも徹底解説

  • LINE嫌いな人との連絡のコツ

    「もしかしてLINEが嫌いなのかな?」と感じた人とは、一体どのようにLINEをやり取りすれば良いのでしょうか?では、LINE嫌いな人に連絡する時のコツをご紹介していきます。

    要件はシンプルに短文で


    LINE嫌いな人は、重要な要件でもない限り、できるだけLINEを送ってこないでほしいと思っていますし、ダラダラと会話を続けるのに労力や時間を消費したくありません。

    そのため、LINE嫌いな人に対しては、要件はシンプルで分かりやすく、かつ短文でまとめて送ることを心掛けましょう。どんな要件で連絡してきたのか分からないような長文のLINEは、その人に嫌われる原因となってしまいます。

    用事がある場合は電話する


    用事があるならLINEではなく、電話をしてきて欲しいと思っているLINE嫌いの人は大勢います。なぜなら、電話ならリアルタイムで相手とやり取りできるので、手短に言いたいことを伝えられるからです。そのため、ちゃんとした用事があって連絡をするなら、電話で連絡をするようにしましょう。

    返信を催促しない


    なかなか既読マークが付かなかったり、既読マークが付いているのに返信が来なかったりすると、「何かあったのかな?」「何か変なこと言ったのかな?」と不安になってしまいますよね。その時にスタンプを送ってみたり、「どうしたの?」と返信を催促したくなってしまうかもしれません。

    ですが、返信を急かしてしまうと、LINE嫌いな人から面倒だと思われ、距離を置かれてしまう可能性が高いです。そのため、「何で返信が来ないのか」と深く悩まないようにし、返信が来るまで気長に待ちましょう。

    既読スルーされても気にしない


    既読マークが付いているのに、LINEが返ってこないと、「無視されているのかな?」「嫌われたのかな?」と心配になってしまう人も多いでしょう。ですが、LINE嫌いな人の場合は、LINEの内容は確認しても、文章を考えるのが面倒で返信は後回しにしてしまうことも多々あります。

    また、会話をダラダラと続けたくないと思っている人も多いので、もう会話が終わったと判断して既読スルーしている可能性も。ですから、LINE嫌いな人から既読スルーされても、色々と心配になりすぎて神経をすり減らさないようにしましょう。

    グループLINEに無理に招待しない


    グループLINEで会話の流れに付いていけない、色々な人に気を遣うのが疲れる、通知がひっきりなしに出続けてウンザリする。という理由で、LINE嫌いになってしまった人も少なくありません。そのため、LINE嫌いな人には、グループLINEに無理やり招待しようとはせず、要件がある時にだけ個人的にやり取りした方が良いでしょう。