LINE嫌いな人の心理と特徴!苦手な人への連絡のコツも徹底解説

  • あの人LINE嫌いかも…見抜く方法とは?

    LINE嫌いな人の中にも、連絡手段として仕方なくLINEに登録している…という人も数多くいます。相手がLINE嫌いなのを知らず、バンバンLINEを送ってしまうと、その相手から嫌われてしまう可能性が高いので注意しなければなりません。

    では、相手がLINE嫌いかどうか見抜くためには、どんな点に着目すれば良いのでしょうか?

    返信が来る早さ


    LINE嫌いな人は、よほど緊急を要する連絡でない限りは、返信を後回しにしてしまうことも少なくありません。中には、LINEの通知にウンザリしていて、通知をオフに設定している人も多いため、LINEが来たことに気付くまでに時間がかかってしまうことも多々あります。

    そのため、こちらからLINEを送ってから返信が来るまでに時間がかかるようであれば、相手がLINE嫌いである可能性が高いと言えるでしょう。

    メッセージが短文かどうか


    「はい」「分かった」と一言で返してきたり、スタンプだけで返してきたりとメッセージが短文な人は、LINE嫌いな可能性が高いと言えるでしょう。

    LINE嫌いな人というのは、「そもそも返事の内容を考えることすら面倒くさい」「他愛のない話で長時間LINEをやり取りするのが嫌」と感じている人が多いです。

    そのため、用が済んだらLINEのやり取りをできるだけ長引かせないために、一言でLINEを返してしまうことも少なくありません。

    既読スルーが多いか


    LINE嫌いな人は、メッセージの内容には一応目は通すものの、今文章を考えるのは面倒くさいということで、返信は後回しにしてしまうことが多々あります。そのため、既読スルーをされることが多いようなら、その相手はLINE嫌いな人である可能性が高いと言えるでしょう。

    ですが、あなたのことを嫌っていて既読スルーしているわけではなく、LINE嫌いな人にとって既読スルーは当たり前のことなので、落ち込む必要はありません。

    グループLINEでほとんど発言しない


    一応グループには属しているものの、グループLINEでほとんど発言しない人は、LINE嫌いである可能性が高いかもしれません。LINE嫌いな人は、特に用もないのにLINEのやり取りで時間を使うのがもったいないと感じているため、グループLINEで無理をして会話に参加する必要はないと考えています。

    また、グループLINEに参加していると、1対1でやり取りするよりも通知量が多くてウンザリしてしまうため、グループLINEの通知はオフに設定している人も少なくありません。

    通知が来なければ、そもそもグループLINEで会話が進んでいることすら気付きませんから、当然発言する機会も少なくなってしまうのでしょう。