LINE嫌いな人の心理と特徴!苦手な人への連絡のコツも徹底解説

  • LINE嫌いな人に質問!嫌いになったきっかけは?

    LINE嫌いな人が意外と多くいるのは分かりましたが、そもそもLINE嫌いになったのはどういったきっかけがあったからなのでしょうか?そこで、そのきっかけをLINE嫌いな人に質問してきました!

    返信が遅れて文句を言われた


    「仕事で忙しくて返信が遅れた時、彼女に返事を催促されたことがあって…。それからLINEでやり取りするのが嫌いになりました」(23歳/男性/大学院生)

    「LINEの返信が遅れた時に、友人から遠回しに「返信が遅い」と言われて嫌な気分になったから」(30歳/女性/保険外交員)

    こちらの方々のように、LINEの返信が遅れて相手から文句を言われたことで、LINE嫌いになったという人は多いです。

    仕事や勉強などで忙しくてLINEが来たことに気付けなかったり、LINEが来たこと自体には気付いたものの、文章を考えるのが面倒で返信を後回しにしてしまうことは多々ありますよね。

    そんな時に相手から「返信が遅い」と文句を言われてしまうと、「自分のペースで返信したいのに」と急かされているような気がして嫌な思いをしてしまいます。

    元々メールなど文章での連絡が好きではない


    「メールやLINEのように、文章を考えて文字を打つのが面倒くさいです。連絡するなら電話でも十分だと思います」(31歳/男性/銀行員)

    「文字だけのやり取りだと言いたいことが伝わりにくく、誤解を生むことがあるので…」(27歳/女性/飲食店勤務)

    LINEだと基本的に文字だけのやり取りになるので、「そんなつもりで言ったわけじゃないのに…」と自分の気持ちが相手に正確に伝わらず、誤解を招いてしまうことも少なくありません。

    また、電話だとリアルタイムで相手とコミュニケーションを取ることができますが、LINEだとこちらからメッセージを送って相手の反応が返ってくるまで時間がかかってしまいます。

    LINE嫌いな人は、リアルタイムでコミュニケーションを取れないこと、文字だけだと相手に誤解を与えてしまいやすいということに不便さを感じているのかもしれません。

    何て返信すればいいのか迷ってしまう


    「独り言のようなLINEが送られてくると、どんな内容で返信して良いのか迷ってしまうので面倒くさいですね」(27歳/男性/IT関係)

    「LINEだと文字だけのやり取りになるので、「この文章だと冷たいと思われないかな」とかイチイチ心配になってしまい、どんな文章で返信すれば良いか迷ってしまいます」(32歳/女性/公務員)

    LINEが嫌いになってしまうのは、「どんな内容で返信しようかな」「この文章だと相手から冷たいと思われないかな」と返信の内容を考えるのに労力や時間を消費してしまうからです。

    こういった人は、相手に必要以上に気を遣ってしまう性格だからこそ、相手がLINEを読んだ時にどんな反応をするのか深く考え込んでしまうのでしょう。

    そのため、LINEをやり取りするたびにストレスを感じてしまい、それが原因でLINEが嫌いになってしまったのかもしれません。

    グループLINEで話についていけないから


    「グループLINEだと会話に入るタイミングを逃しやすく、話についていけないので疲れてしまいます」(22歳/女性/大学生)

    友人や同級生、職場の人達などでグループを作ってLINEをやり取りしている人も多いのではないでしょうか。ただ、グループLINEの場合、1対1でLINEをやり取りするのとは違い、自分が会話に参加していなくても、他のメンバーで勝手に会話が進んでしまうこともありますよね。

    そこで、会話の流れについていけず、自分から話題を切り出すタイミングが見つからないと、グループ内で自分だけ取り残されたような寂しい気持ちになってしまいます。また、グループの人数が多ければ多いほど、それだけ多くの人に気を遣わなければなりません。

    このように、グループLINEだと細かなことで気を遣わなければならず、それが原因でLINEが嫌いになってしまった人も数多くいるのでしょう。