LINE嫌いな人の心理と特徴!苦手な人への連絡のコツも徹底解説

  • LINE嫌いな人の特徴《続き》

    引き続き、LINE嫌いな人の特徴をご紹介していきます。

    有料のアイテムは一個も持っていない


    LINEには、スタンプや着せ替えなどの有料のアイテムが多数販売されていますよね。ですが、LINE嫌いな人は、基本的にスタンプや着せ替えも、最初から入っているものしか使いません。

    そもそも、LINEを頻繁にやり取りすることはほとんどないですし、最初から入っているスタンプや着せ替えでも十分だと思っているので、わざわざお金を払って購入する必要性はないと感じているのでしょう。

    アイコンは初期設定のまま


    プロフィールアイコンを自分のお気に入りの写真に設定している人がほとんどだと思いますが、写真を設定していない人は、LINE嫌いな人の可能性が高いです。

    こういった人は、そもそもLINEを単なる連絡手段のひとつしか考えていませんから、連絡さえやり取りできれば他の設定はどうでも良いと考えている人も少なくありません。

    プロフィールアイコンを頻繁に変更する人も多いですが、LINE嫌いな人からすると、「なんでそんな頻繁に写真を変更するのか」と理解に苦しんでしまうようです。

    束縛されるのが嫌い


    LINE嫌いな人は、誰かに束縛されるのが嫌で、自分のペースを乱されたくないという人が多いです。LINEには既読機能があるので、メッセージを読んだかどうか相手に伝わってしまいますよね。ですが、これって相手に束縛されているような気分になりませんか?

    既読マークを付けてしまうと、早く返信して欲しいと急かされているような気分になりますから、他にやりたいことがあるのにLINEのことで頭がいっぱいになってしまいます。そのため、束縛されるのが嫌いな人は、既読機能があることでLINEが嫌いになってしまう人が多いようですよ。

    SNSそのものを嫌っている


    現在、ツイッターやインスタグラム、フェイスブックなどのSNSが数多く存在していますよね。様々なSNSに登録して日頃から利用されている人も多いのではないでしょうか?実は、LINE嫌いな人は、SNSそのものを嫌っている人が非常に多いのです。

    そもそもLINE嫌いな人は、人と変わるのが苦手な人も多く、そこまで仲良くない人にまで気を遣って神経をすり減らしたくないと思っています。SNSを使っていると、そこまで仲良くない人とも繋がりやすいので、そういった人にまでイチイチ気を遣うのが嫌になってしまうのでしょう。