LINE嫌いな人の心理と特徴!苦手な人への連絡のコツも徹底解説

  • LINE嫌いな人の特徴

    相手がLINE嫌いな人だった場合、頻繁にLINEを送ったり、やり取りをダラダラ続けるのはできるだけ避けた方が良いでしょう。また、好きな人がLINE嫌いな人だったら、LINE以外でアプローチした方が効果的です。

    では、LINE嫌いな人には一体どのような特徴があるのでしょうか?特徴を理解し、相手がLINE嫌いかどうかを見極めましょう。

    連絡手段は基本電話


    電話ならいちいち文字を打つ必要がありませんし、リアルタイムで伝えたいことをサクっと伝えられますよね。LINEが嫌いな人は、ダラダラと連絡をやり取りしたくない、文字を打つのが面倒くさいと思っている人が多いため、何か話したいことがあったら電話で済ますのが一番良いと考えているのです。

    そのため、ちょっとした用事でもすぐに電話をかけてくる、LINEでメッセージを送ってもLINEではなく電話で返事してくるという人は、もしかするとLINE嫌いなのかもしれませんね。

    会話が続かない


    LINE嫌いな人は、他愛のないことでダラダラと会話を続けたくないと思っています。そのため、自分から無理に話題を振ってくることはほとんどありませんし、要件が済んだと思えば返信せずに既読スルーしてしまうのも日常茶飯事なのです。

    よって、LINE嫌いな人と会話を続けるのはなかなか難しいかもしれませんね。ですので、好きな人がLINE嫌いということなら、LINEではなく、できるだけ電話で会話をした方が距離を縮めやすいかもしれません。

    グループLINEは用が終わると退出


    グループLINEを抜けると、「〇〇さんが退出しました」とトーク画面に表示されてしまいますよね。そのため、他のグループメンバーとの関係が険悪になるのを恐れ、なかなかグループLINEを退出できないという人も多いのではないでしょうか。

    しかし、LINE嫌いな人は、「用がなければグループにいる意味はない」と割り切っているので、用が終わるとグループLINEをすぐに退出する傾向があります。

    既読スルーすることが多い


    LINEが嫌いな人は、他愛のないことで会話をダラダラと続けるのは時間がもったいないと考えています。そのため、このままやり取りが続くと、ダラダラ会話が続きそうだな…と思った時はすぐに既読スルーをして、会話を強制的に終わらそうとするのです。

    相手が好きな人なら話は別かもしれませんが、友人や何とも思っていない異性、職場の人などに対しては、返信せずに既読スルーしてしまうことが多いでしょう。

    既読スルーされた方からしてみれば、「何か変なこと言ったかな?」「嫌われたのかな?」と不安になってしまうかもしれませんね。しかし、LINE嫌いな人からしてみれば、既読スルーすることに特に深い意味があるわけではないので、そこはあまり気にしないで下さい。