LINE嫌いな人の心理と特徴!苦手な人への連絡のコツも徹底解説

  • LINE嫌いな人の心理とは?

    LINEのやり取りが全然続かない、すぐに既読スルーするという相手は、もしかするとLINEで連絡をやり取りするのが嫌いな人なのかもしれません。

    では、そういった人はなぜLINEを嫌うようになってしまったのでしょうか?そんなLINE嫌いな人の心理を詳しくチェックしていきましょう。

    文章を考えるのが苦手


    LINE嫌いな人は、LINEが来るたびに文章を考え、メッセージを作成するという作業が面倒だと感じている人が多いです。また、LINEだと、基本的に文字だけでコミュニケーションをとらなければならないため、「この文章だと相手に冷たいと思われないかな」と心配になり、返信内容を考えるのにどうしても時間がかかってしまいがちです。

    そのため、リアルタイムで言いたいことを伝えられて、相手の反応をうかがうことができる電話を基本的な連絡手段として好む人も多いようですよ。

    やりとりが面倒くさい


    LINE嫌いな人は重要な要件がない限り、連絡をやり取りするのに貴重な時間や労力を割きたくないと思っています。そのため、急ぎの用事があれば、リアルタイムで相手に言いたいことを伝えられる電話で済ませたいと考えているのです。

    LINEの場合だと、こちらからメッセージを送っても、相手から返信が来るまで時間がかかってしまいますし、返信が来たら文章を考えて、文字を入力して送信する…の繰り返しですよね。この作業がLINE嫌いな人にとって非常に面倒に感じてしまうのでしょう。

    既読が相手に分かってしまう


    メールなら内容を読んだのか相手に伝わることはありませんが、LINEの場合、内容を読んでしまうと既読マークが付いてしまいます。仕事が忙しいからLINEを見てもその場ですぐに返信できない、今は文章を考えるのが面倒だから後で返信したいという時もありますよね。

    ですが、既読マークが付いているのに返信をしないと、相手から「無視されている」と反感を買ってしまう可能性があります。実際、既読スルーが原因で孤立してしまったり、いじめに繋がる事例もあるのです。

    そのため、LINEを見たらすぐに返信しなければならないというプレッシャーを感じてしまう人も多く、それが原因でLINEをやり取りするのが嫌いになってしまう人も少なくないのです。

    通知が邪魔


    誰かからLINEが来たり、グループLINEでやり取りがあると、そのたびにLINEの通知が画面に表示されますよね。ですが、インターネットで調べ物をしていたり、他のアプリを使用している最中に、ブーブーとLINEの通知が何件も届くと、さすがにうっとおしく感じてしまいます。

    また、LINEの通知が何件も届くせいで、他の重要な通知が埋もれて気が付かなくなることもあるでしょう。やはり、LINEはメールと比べてチャットのようにメッセージをやり取りできるのがメリットである分、通知もたくさん来やすいので、それにウンザリしてLINE嫌いになってしまう人がいるのも仕方のないことかもしれません。