父親が嫌いな理由と対処法|嫌い続けるデメリットや父親の心理も解説

世の中には、父親好きの人がいます。一方で、父親が嫌いなために日々の生活を苦痛に感じてしまう方もいるでしょう。そこで本記事では、父親を嫌いになる理由や嫌い続けるデメリットなどを解説します。父親が嫌いで我慢ならない方は、ぜひ最後まで読んでみてください!

  • 父親が嫌い!女性が父を嫌がる理由とは?

    日々の生活を送る中で、父親に対して「うざい」、「気持ち悪い」と感じたことはありませんか?このように感じ続けると、最終的には父親を嫌いになってしまいますよね。

    話すことはおろか、顔を合わせることでさえ億劫に感じるでしょう。かといって、その時に抱く感情は「この現状を変えたい」という人もいれば、「これから先も今の関係値のままでいい」といったように、個々によって様々です。

    そこで今回は、現状を変えるきっかけとなる知識を解説していきます。「父が嫌いだけれど、少しでも現状を変えたい」という思いを抱いている方は、ぜひ読み進めてみてください。これを機に、父親との関係を今一度見つめ直してみましょう。
  • 父親を嫌いになった理由

    そもそも、なぜ父親を嫌いになるのでしょうか?その理由は、個々によって様々です。そこでまずは、女性が父親を嫌いになった理由に迫っていきます。

    酒癖が悪い


    お酒を飲むとおしゃべりになる程度であれば、特に問題はないでしょう。普段よりも会話が弾むだけではなく、楽しい場となり得るのではないでしょうか?

    一方で、酒癖が悪い人は、その場の空気を悪くすることもしばしば。そのため、酒癖の悪い父親が家で飲み明かすほど、家庭の雰囲気は悪くなる一方ですよね。最悪の場合、酒癖の悪さが娘への暴力に繫がることもあります。

    そんな家庭に対して嫌悪感を抱いた結果、いずれは父親の存在そのものが嫌いになってしまうのです。

    母親が娘に父親の愚痴を言う


    時には母親も父親に対して、ストレスや疲労を感じるもの。外でのはけ口がなければ、どうしても娘に愚痴を言ってしまいますよね。そこで母親の話に共感を得た場合、娘自身も父親を嫌いになるというケースも多くあります。

    しかし、実は父親だけではなく、母親さえも嫌いになってしまうパターンもあるのです。これは母親から父親の愚痴を聞かされる度に、少なからず疲労または辛さを感じるためでしょう。

    何かと干渉される


    何かと干渉してくるがために、父親を嫌いになるケースもあるようです。我が娘を心配するのが親の心。ですが、心配する思いの度が過ぎると、過干渉になる場合があります。

    誰しも過剰な干渉に対して嫌悪感や不快感を抱くのではないでしょうか?たとえ、それが大切な家族の一員、すなわち父親だとしてもです。

    彼氏や友人関係などを事細かに聞かれる度に、「もう放っておいて」と父親の干渉がうざいと感じてしまうでしょう。いずれは、嫌いだという感情も生まれてしまいます。

    父親の愛情表現に嫌悪感を抱いた


    父親としては大切な娘だからこそ、いついかなる時も思う存分に愛を与えたいもの。ですが、多くの場合、女性は思春期に突入すると、父親から距離を取ろうとします。

    にもかかわらず、無理にスキンシップを取るなどして娘に愛情を表現する父親もいるのです。望まない愛情表現に娘側は「気持ち悪い」とまで感じることも。これほどにまでに嫌悪感を抱き続けると、最終的には父親の存在そのものも嫌いになってしまうでしょう。