内弁慶ってどんな意味?その由来や内弁慶な人の特徴・心理を徹底解説

「あの人って内弁慶だよね」という言い回しを耳にすること、意外とよくあります。「そうそう!」なんて相槌をうってしまいがちですが、実際のところ「内弁慶」の意味をちゃんと理解できていない人も多いのでは?そこで今回は、内弁慶な人の特徴と心理を徹底解説!言葉の由来などもご紹介します。

  • そもそも「内弁慶」とは?意味するところを徹底解剖

    古くから使われている日本語には、何となくニュアンスはわかるけれど詳しい意味まではよく知らない、という言葉が多いもの。そんな言葉の一つに「内弁慶」があります。人の性格を表す言葉であることは分かると思いますが、いったいどんな人のことを言うのでしょうか。

    今回は、内弁慶の語源から、内弁慶な人の特徴とその心理、内弁慶になる原因まで、徹底的に解説していきます。

    内弁慶の意味とは


    内弁慶という言葉は、人の性格を言い表す際に使われます。ただし、あまり良い意味合いではないのは確か。どちらかというとネガティブな人物像を想起させる言葉です。

    内弁慶とは、家の中でばかり強がって、外ではまったく意気地がないこと、あるいはそういう人物のことを意味します。家の中では威張りちらし、口ばかり達者でも、外ではからっきし意気地なしという人に対して、「まったく、あなたは本当に内弁慶なんだから」なんて言いますよね。

    何となくニュアンスで使っている人も多いと思いますが、正しい意味を知ると、内弁慶な人の行動から性格の特徴までもが明確にイメージできますね。

    内弁慶の由来


    内弁慶という言葉から誰もが連想する人物といえば、源義経の家来として名高い、平安時代末期の僧兵・武蔵坊弁慶でしょう。弁慶が単なる僧ではなく、僧兵と呼ばれるのには、比叡山の僧たちが武術によって鍛錬をしていたことによります。

    中でも弁慶は大柄で豪傑だったことから、暴れん坊としても知られていました。最後の最後まで主君・義経を守り、全身に矢を打たれても倒れることなく息絶えたとされる「弁慶の立ち往生」は有名。この強い弁慶こそが、内弁慶という言葉の由来です。

    家の中では強さを誇示しているのに、一歩外に出るとまったく意気地なしになるとあって、家の中でだけ強い弁慶のようにふるまう様子を、逆説的に例えています。

    内弁慶の類語と対義語


    内弁慶の類語には、同じ弁慶を用いた「陰弁慶」があります。その他、家の中と外で態度が異なることから、「引っ込み思案」「内気」といった言い方も類語です。

    また、類語とは少し異なりますが、「内弁慶の外地蔵」ということわざも同じ意味として用いることができます。

    一方、正反対の意味を示す対義語として「外弁慶」を使う人も少なくありませんが、これは間違い。そもそも、強い弁慶を基準に、内でしか強くいられない人のことを内弁慶というので、弁慶そのものが対義語だからです。

    弁慶は、主君の義経はもちろん、仲間には非常に優しい人物であったとされています。豪傑ではあっても、いばり散らしていたわけではないでしょう。くれぐれも、対義語として「外弁慶」は使わないようにしましょう。