彼氏への甘え方15選!男性が喜ぶ甘え方&甘え上手になる方法を解説

  • 「甘え上手」になる方法とは?

    甘え方がわからない心理や理由を踏まえた上で、次は甘え上手になる方法を解説していきましょう。頭では分かってるけれど、行動になかなか移せない。そんな女性は、ぜひ参考にしてください。

    少し目先を変えれば、彼氏に甘えるのも、そんなに難しいことではないと理解ができるでしょう。

    相手に遠慮しすぎない


    相手に対して遠慮の気持ちがあると、上手な甘え方ができないでしょう。遠慮するということは、自分の気持ちを抑えこむということ。これは、甘えるとはまったく逆の行動ですよね。

    甘え上手になるということは、自分の気持ちをさらけ出して、言葉や態度で相手に伝えなければいけませんよね。そんな時に遠慮があっては、甘え方も中途半端になってしまう可能性があるのです。

    「甘えること」と「わがまま」の違いを理解する


    甘えることとは、相手に対する自分の気持ちをストレートに表現すること。ですが、そのことと「わがまま」は違うということを理解しておきましょう。傍から見ると、甘えることもわがままも、している行為にさほど違いがないようにも感じます。けれど、受け身の相手にしたら大違いになってしまうのです。

    具体的な違いとして、甘える時にははっきりした「中身」がないのに対し、わがままはちょっとした理由があることが多いでしょう。声のトーンなどが同じでも、甘えられるのは大歓迎。しかし、わがままは勘弁して欲しいと思われてしまうのです。

    彼の反応を想像しない


    あなたが彼氏に甘えたいと思ったとき、彼氏はどんな反応を見せるか、想像しないことをおすすめします。あなたが彼氏の反応を想像しても、それはあなたの気持ちであって、彼氏の気持ちではありませんよね。

    彼氏は内心、あなたにもっと甘えて欲しいと考えている可能性もありますよね。「良い反応じゃないかも」と彼氏の反応を先読みしてしまったら、甘えることにブレーキをかけることになってしまうでしょう。

    リラックスした気持ちで


    彼氏への上手な甘え方がわからないために、今まで甘えてこなかった女性は「甘えてみよう」という気持ちから、つい力が入ってしまうこともあるかと思われます。けれど、彼氏に甘える時は「リラックス」を心がけましょう。

    とはいえ、したことがないことをする時は、どうしても力んでしまいがちなものです。ですから次からの項目を理解し、出来そうなことをあなたなりにチョイスしてみることをおすすめします。上手に取り入れられれば、リラックスして甘えることが実現できるでしょう。

  • 彼氏への上手な甘え方15選【言動編】

    ここからの項目では、彼氏への上手な甘え方を、具体的にご紹介していきましょう。最初は「言動」からおすすめな方法をピックアップしてみました。いきなり全部を実行するのではなく、一つづつ着実に行動すると、甘え方にも慣れていくでしょう。

    甘え方①簡単な頼み事をする


    「ちょっとお願い事があるの…」と、簡単な頼み事をしてみましょう。相手にとって難しい頼み事ではなく、頼み事とはいえないくらいの頼み事をするのがポイント。

    男性は、女性から頼りにされると嬉しいもの。「なんだ、そんなことか。お安いご用だ」と快く引き受け、まんざらじゃない気持ちになることでしょう。

    甘え方②ゆっくりなペースで


    どんな言葉を使うにしても、ゆっくりなペースで相手に伝えることを心がけましょう。性格的に、普段からテキパキとした話し方をしているという女性も多いかと思われます。

    けれど、男性に甘えるときは、ゆっくりなペースで話す方がベスト。凛としたイメージよりも、柔らかい印象を強め「可愛い」と思われる可能性が高まるでしょう。

    甘え方③彼氏が注目してくれてから


    上手な甘え方として、しっかり彼氏があなたに注目してくれているときに甘えましょう。ですから、ちょっといい雰囲気になり始めたときなどがおすすめ。ただ二人でいるだけの空間でいきなり甘えても、彼氏に伝わらなければ意味がありませんよね。

    甘え方④なるべく二人きりのときに


    あなたが彼氏に甘える、そして彼氏がそれを受け入れる。このやり取りを成立させるために、なるべく二人きりのときを選びましょう。甘え上手な女性であれば、どんな場所でも甘えられるでしょうけれど、不慣れな女性は気恥ずかしさも影響して、甘えることを抑えてしまうのです。なので他人の目がない、二人きりの空間で甘えてみましょう。

    甘え方⑤間に少し無言を挟む


    あなたが甘えていることを相手にわかってもらうために、行動の途中で少し無言を挟んでみましょう。とはいうものの、お付き合いが長いカップルなら無言も怖くありませんが、そうでないカップルですと、無言ほど気まずいものはありませんよね。そんな時は、次の項目を無言の時に試みてみましょう。