セックスの挿入が上手くいかない!原因とスムーズな挿入法を解説

セックスの挿入がうまくいかない…と悩んでいる人は少なくありません。セックス経験がある人であれば、だれでも一度は悩んだことがあるでしょう。この記事では、挿入がスムーズにいかない原因とその解決方法を紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

  • セックスの挿入…みんなはスムーズにできてるの?

    セックスの挿入がなかなかうまくいかなくて、悩んでいる人は少なくありません。特にあまり経験がない人であればなおさらでしょう。

    ここでは、なぜセックスの挿入が上手くいかないのか、その原因や、上手くいかなかった人たちの体験談を紹介していきます。挿入が上手くいかない理由を知ることで、スムーズに挿入できるようになることでしょう。

    原因によって解決方法もさまざまなので、ぜひ参考にしてみて下さいね!
  • セックスの挿入は上手にできてる?女性の意見

    セックスの挿入がうまくできない女性はどのくらいいるのでしょうか?実際にセックスの挿入が上手くいかなかった女性たちの体験談を見ていきましょう。

    最初はめちゃくちゃ痛かった


    「最初はすごく痛くて、セックスが大嫌いでした。一生気持ちいいなんて思えなそうだったけど、慣れてからは平気になりました」(22歳/会社員)

    「初めはすごく痛くてスムーズに挿入できませんでした。挿入してからも痛くて、最後まですることができずに彼に申し訳ないって思っていたんですが、時間をかけて繰り返していくうちに、だんだん気持ちよくなってきましたね」(21歳/学生)

    初めのうちは痛みが強いため、スムーズに挿入できないのは当然です。痛いのは初回の挿入だけだったという人もいれば、慣れるまでにしばらく時間がかかってしまう人も。痛すぎてセックスが嫌いになってしまう女性もいるようですが、初めのうちは我慢することしかできません。

    もちろん無理する必要はありません。時間を掛ければだんだんとスムーズに挿入できるようになってくるので、焦らず安心してセックスをするようにしてくださいね。

    濡れるようになってからはスムーズになった


    「セックスの経験があまりなく、まだ気持ちいいと思えずに濡れなかったんです。でもセックスに慣れてきたからか、濡れるようになってからは挿入もスムーズにいくようになりました」(22歳/学生)

    「お互いに初めてだったからか、緊張もあって手探りのセックスだったので、全然濡れずに挿入もうまくできず…。2人で試行錯誤して、セックスを気持ちいいと感じてからは濡れるようになりました。今では挿入もスムーズにできます」(20歳/学生)

    挿入するときに濡れていないと、女性は擦れて痛みを感じてしまいます。濡れていなければ、痛みを感じなかったとしてもうまく挿入することはできず、悩んでしまう人も多いでしょう。体質にもよりますが、女性は気持ちいいと感じれば自然に濡れてくるもの。

    緊張しすぎず、セックスを楽しむ気持ちを持ち、心も体もリラックスできるようになれば、挿入もスムーズにいくようですね。

    緊張しているとスムーズに挿入できない…


    「セックスの経験はあるけど、緊張していると濡れてないからか、スムーズに挿入できません。初めての相手とのセックスだと男性も緊張していることもあるので、ぎこちないセックスになってしまいますね」(23歳/会社員)

    「男性が緊張しすぎて勃たなくなってしまう事がありますよね。私は女ですが、それと一緒で緊張していると痛かったりして、上手く挿入することができなくなってしまいます」(24歳/会社員)

    緊張しすぎてしまうとセックスは上手くいきませんよね。これは女性だけではなく男性にも言えることでしょう。緊張しすぎて濡れなかったり、痛みを感じたりする女性も少なくありませんし、男性の場合は勃たなくなってしまうことも考えられます。

    セックスをするときには緊張しすぎず、気持に余裕をもってすることが大切です。

    相手のアソコが大きすぎて全然入らない!


    「自分のアソコが狭いのか、相手が大きかったのかわかりませんが、お互い準備は万端なのになかなか入らないことがありました」(25歳/フリーター)

    「一度外国人とセックスをしたことがあるのですが、アソコが大きすぎて全然スムーズに入らない…。挿入しないまま終わらせるわけにもいかず、ローションをたくさん使って、やっと挿入させることができました」(27歳/会社員)

    女性のアソコの入り口が狭い、また男性のアソコが大きすぎてしまうと、なかなかスムーズに挿入することができません。特に外国人であれば日本人よりサイズが大きい人も多いため、ローションなどを使う人も少なくないでしょう。