バンドマンの生態を大調査!彼氏にしてはいけない理由も一挙解説

  • バンドマンの彼氏と上手くやっていくコツとは?

    晴れてお付き合いできたら、どんな行動をとるべきなのでしょうか。お互いにメンタルが不安定になることもありますが、何よりもバンドへの悪影響が出ないことが第一ですよね。

    バンドマンとうまく付き合い続けている女性は、どのようにしているのでしょうか。

    ライブに行くのをやめる


    まずは、ファンから彼女に昇格した時点で、ライブに頻繁に通うのはやめましょう。他のファンにも公認で、いい関係性を持ちながらファン活動を続けられるのなら別ですが、なかなか難しいことと言えます。

    なぜなら、彼の他のファンにバレてしまうと嫉妬されてしまい、あなたに悪意が向く可能性があるからです。または、他のファンたちがショックを受け、バンド自体に興味を失くして、ファンをやめてしまうかもしれません。そうしてファンが減ってしまうのは、本意ではないですよね。

    彼のバンド活動を応援したいのであれば、見に行きたくても我慢するのが最善でしょう。

    バンドメンバーと仲良くなる


    他のファンとは必要以上に仲良くする必要はありませんが、メンバーとのコミュニケーションは大事です。バンドマンの彼にとってバンドのメンバーは、一緒に夢を見ている仲間ですので、その仲間にも嫌われないことが大事です。この彼女がバンドに悪影響をもたらしていると判断されてしまうと、メンバーから交際を反対されてしまうかもしれません。

    反対されないためにも、メンバーから好印象を持たれるように意識して行動しましょう。

    バンド優先に引きずられない


    バンドマンの彼が、何よりバンドを大事にしている姿勢を応援するのは良いのですが、あなたも同じことにならないようにしましょう。自分の仕事や生活よりバンドを大事にしたところで、あなたはバンドのメンバーではありません。

    つまり、応援しているのと、尽力するのとは違います。彼女としての協力は惜しまないようにし、バンド運営のための業務は必要以上やらない方があなたのためです。

    彼のバンドではなく、自分の生活を第一に考えないと、自分の未来を彼の音楽に託してしまうことになります。結果的に彼の重荷になってしまうかもしれません。

    応援する姿勢を変えない覚悟をする


    売れる時期がなかなかやってこなくても、彼と一緒にいたいのであれば、バンド活動に否定的なことは言わない方が良いでしょう。彼がバンド活動を優先することや、バンドメンバーとの時間を大切にして飲み会に参加してばかりでも、不満を口にするのは控えるのが得策です。

    音楽に関して自信を持っているバンドマンは、自分の世界観を変えようとしないタイプもいます。そんな時、あなたが「バンドを諦めてちゃんとした仕事をして」などと彼の人生設計に口出しをすると、関係が破滅してしまう可能性があります。

    バンドマンと付き合うのなら、「いつか〇〇したい」という願望は、ある程度我慢する覚悟が必要となるでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)