バンドマンの生態を大調査!彼氏にしてはいけない理由も一挙解説

  • 毎日何してるの?バンドマンの生態

    バンドマンには時間がないとお伝えしましたが、もっと具体的に、何をしているのか解明していきましょう。

    より詳しく生態が分かれば、どれだけ恋愛する時間がないのか理解してあげることができるでしょう。

    バイトがメインの生活


    一人暮らしをしているバンドマンの場合、家賃も安くはない出費になるでしょう。それも含め、生活にかかる諸々のお金の他にバンドの維持費を稼ぐとなると、一体何時間働けばいいのでしょうか。

    バンド活動を最優先にしていますが、それ以外の時間はほとんどバイトです。彼女と遊んでいる暇があったら、将来のためにバンド練習をしたい、バイトでお金を稼ぎたいと考える男性も多いことでしょう。

    練習時間がなかなか取れない


    そうしてバイトメインの生活をしていると、練習時間を捻出するのは難しくなります。ましてや、音楽の練習は音が出るものですよね。エレキギターならヘッドフォンをつけて家で練習ができますが、ドラマーであれば家で存分に練習するのは難しいでしょう。

    また、メンバー全員と合わせて練習するためには、自宅に防音設備でもない限り、スタジオを借りることになります。そのスタジオ代もかかりますので、毎日というわけにもいきません。

    睡眠時間も必要ですので、技術を磨くための練習すら満足にできていないバンドマンは多いのです。

    基本インドア派


    バイトと自宅とバンド活動の出入り以外、家に閉じこもるタイプが多いようです。家に居れば無駄な交際費はかからないですし、音楽と向き合える時間もあります。

    また、音楽を表現する人は、様々な芸術をたしなむタイプが多いです。映画や小説、漫画など、家に居て楽しめる趣味を持っているのなら、誘われても外出する頻度は低くなってしまいますよね。

    よく音楽を聴いている


    バンドマンは、音楽が好きでバンドをやりたいと思ったのですから、魅了された音楽が確実に存在します。「いつかこんな風になりたい」と憧れを抱いているバンドの音楽を聴くことは、その人にとっては一種の音楽活動でもあるのです。

    他にも、新しく売れ始めたバンドの音楽性を確かめたり、メンバーが提案してきた音源を聴いたり。とにかく、暇さえあれば音楽を聴いています。何かをしながら、常に音を流している人もいるでしょう。

    好きな音楽を心地よく聴くだけでなく、その音楽を耳に入れながら、技術や詞について考えて込んでしまうこともあるのではないでしょうか。バンドマンは家にいる時間さえも忙しいということです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)