リセット癖とは?人間関係をリセットする人の特徴と心理を徹底解説!

  • リセット癖を治す方法

    ついつい「イヤだ」と感じる度にリセットしてしまう人の中にも、リセット癖を治したいと感じている人もいるようです。リセット癖は治すことが出来ますが、そのためには自分の精神をタフにする必要があります。

    極端な言い方をすると、リセット癖は「逃げ」なので、逃げずに立ち向かう勇気が必要なのです。最後に、リセット癖を治す方法をご紹介していきます。

    必要以上に他人を気にすることをやめる


    リセットしてしまいたくなるのは、人の目を必要以上に気にしているから。人からどう見られているか、どう思われているかに過敏になっていて、落ち着きません。そのため、周囲の反応にびくびくしています。

    「自分が悪いんだ」と思うと同時に、「消えてしまいたい」と逃げることを選んでしまうのでしょう。そのためにも、必要以上に他人を気にすることはやめましょう。他人ばかりを気にしていても、自分の気持ちが落ち着くことはありません。

    適切な距離感を保つ


    自分にかかるストレスが原因で、リセット癖がついてしまう場合もあります。ストレスを感じるのは、接している人間に異論を持ってしまうから。距離感が近すぎて接し方がわからない人もいますし、その逆だってもちろんあります。

    ストレスを減らしながら付き合っていくには、その人との距離感を適切にとる必要があります。距離感を間違えなければ、些細なことで感じるストレスも減り、リセット癖を発動することもなくなるでしょう。

    メリットを見逃さないようにする


    人間関係をリセットしてしまうことで、何か捨ててしまっているものがないかよく考えましょう。とても大事なことを見落としたまま、関係をリセットしているかもしれません。

    リセットしてしまいたくなったら、「本当にリセットしてしまっていいのか」と自問自答します。リセットして得られることを考えるだけでなく、失うものも考えてみましょう。

    困った時こそリセット癖をこらえる


    リセット癖を治したいと思うのであれば、自分自身の強い意志が必要不可欠でしょう。人間関係で嫌なことがあった時、自分のデータを消そうとしている時、一呼吸置いて我慢してみましょう。

    「もう少し様子みてからでいいか」と思えれば、それはリセット癖の改善の大きな一歩です。わずらわしさから解放されたいと思っても、行動する前にじっくり考えます。感情的にリセットしていては、今の状態から抜け出すことはできません。