【メンヘラ診断】簡単チェックでわかるあなたの「メンヘラ度」とは?

  • メンヘラな男女と相性の良い相手って?

    一度メンヘラになってしまうと、そこから抜け出すことはなかなか難しいです。改善しようと思ってすぐに治るものでもないため、専門家の意見をあおぎながらマイペースに対処しつつ、自分に合う人と一緒にいると良いかもしれませんね。

    メンヘラが求めるものをしっかりと与えてくれるような存在は、果たしてどのような人なのかを見ていきます。

    相手をまるごと受け入れられる人


    メンヘラがする「かまって」「興味持って」「心配して」という行動すべてを、まるごと受け入れられる人が良いでしょう。寛大で心の広い人であれば、受け止めてくれそうです。

    わかりきった嘘も大袈裟な発言も、「そっか、認めてもらいたいんだね」と受け止めて、否定したり突っぱねたりしない人です。すべて受け入れてもらえれば、メンヘラであっても安心できるようになっていくでしょう。

    受け入れてもらえると「愛されている」と感じることができるため、だんだんと心が穏やかになってきます。それによりメンヘラな部分を改善していけたら、絆も深まって一石二鳥であると言えるのではないでしょうか。

    面倒見の良い人


    ついつい心配してしまう面倒見の良い人も、メンヘラには相性良く感じるでしょう。面倒見の良い人は、話を聞いて心配するだけではなく、相手のために行動に移してくれることも多いため、愛情を目で見て確認することができます。

    面倒くさいと感じたり、距離を取りたいと思うことが少ないため、メンヘラから離れていくことも少ないです。メンヘラもまた、「この人は頼れる」「ちゃんと行動してくれる」と安心できるため相性は良いでしょう。

    人から頼られたい人


    「人に頼られたい」「信頼されたい」と望んでいる人との相性も良いでしょう。メンヘラは求める側、頼られたい人は求められる側を望んでいるため、バランスのいい関係が築けます。

    ネガティブな発言をすれば、「大丈夫?」「何かできることある?」とすぐさま手を差し伸べてもらえるでしょう。人から頼られたいと願っている人は、同時に責任感が強い傾向にあるため、メンヘラを放っておいたり突き放したりはしないはずです。

    同じメンヘラな人


    対照的な人との相性も良いですが、同じタイプの人も相性良く感じることは多いでしょう。相手が何を求めているかが、似た者同士であるためによく分かるからです。「こういう気持ちで言ってるんだろうな」「こうして欲しいんだろうな」とお互いに察することができるため、言葉にしなくても通じるものがあります。

    ただし、同じ時期に気持ちが塞ぎ込んでしまうと、状況が悪化してしまう可能性も。相手への思いやりや状況を察することは必要になるでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)