数の子天井ってなに?女性の名器の種類と名器に負けない膣トレを紹介

セックスで男性を虜にするには、膣の構造も大切な要素のひとつ。でも自分が「名器」かどうか、パートナーにはちょっと聞きづらいですよね。今回の記事では、そんな女性の名器に対する疑問や、男性の本音を赤裸々に解説。さらに名器に負けない膣トレのやり方もあわせてご紹介していきます。

  • 「数の子天井」って一体なんのこと?

    女性の性器を表現する際に、「数の子天井(かずのこてんじょう)」と呼ぶことがあります。しかし女性器について詳しくない人には、これが一体何を指すのか分からないでしょう。まずは数の子天井について、どういったものかを詳しく紹介します。

    「数の子天井」とは


    数の子天井といわれると、本物の数の子を想像しますよね。しかし、これは女性器につけられる名称のようなものです。数の子天井とは、膣の上部、つまり膣の天井が数の子のようになっているためにこう呼ばれます。

    粒粒とした天井が数の子のようだと表現されたことから名づけられたようですが、全ての女性の性器がこのようになっているわけではありません。一般的な女性器は、粒粒や凹凸の少ない作りをしています。

    そのため数の子天井を持つ女性は少なく、また自覚できる症状もないため気づきにくいのが特徴です。

    数の子天井を持つ女性は珍しい!


    数の子天井は女性器の中で「名器」と呼ばれるほど、異性に快感を与えられることができます。しかし実際に数の子天井を持つ女性は少なく、訓練しても数の子天井になるのは難しいとされているのです。

    そのため数の子天井を持つ女性と出会うと、男性は名器に出会えたと感動するでしょう。女性本人も数の子天井を自覚できるような症状がないため、男性に気づいてもらわなければほぼ自覚できません。

    そのため自ら数の子天井だと自覚している女性も少ないため、数少ない名器としてセックス好きの男性からは人気が高いのです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)