察してちゃんの特徴と心理|面倒くさい察してちゃんへの対処法とは?

  • 身近な「察してちゃん」エピソード集!

    最後に、察してちゃんにまつわるエピソードをご紹介していきます。どんな察してちゃんが存在するのか、またそれに対してどんな対処や思いがあったのか、実際の体験談から学んでおきましょう。

    察してちゃんな彼女が面倒くさい!


    「付き合ってるんだからハッキリ言えばいいのにって思うことが多々ある。正直“察して察して”ばっかりで面倒くさい!」(24歳/男性/鳶職)

    付き合っている=お互いに好きであるため、甘えたり頼ったりしたい時は素直に言えばいいのにと感じている察してちゃんの彼氏。言葉にしてもらえない分、彼女の思いをいちいち深く考えなければならない点が面倒くさいと感じるのでしょう。

    相手は自分のことを好きでいてくれている存在です。素直になれるはずのパートナーですよね。そこでも察してちゃんを発動してしまうと、面倒くさいと思われて、離れていってしまう危険性が出てきます。

    何でも「察して」と言う上司


    「上司が察してちゃんで、何でも察してと言ってくる。仕事なのに振り回されることもあり、社会人としても立場としてもどうなのかと思う。」(31歳/男性/会社員)

    上司が察してちゃんという最悪のケースですね。立場的にも「ハッキリ言って!」と言えないため、日々疲れる原因にもなってしまいます。仕事の作業や効率を「察して」というならまだしも、「ちょっといいですか」と聞いた時に上司が不機嫌で「察して」と言われたら、「はあ?急いでるのに」と感じてしまうこともあるでしょう。

    上司が察してちゃんの場合だと、職場の空気もガラリと変わることも。自身がそうならないよう気を付けていくべきですね。

    SNSでよく見かける察してちゃん


    「リアルの世界ではあまり見かけないけど、SNS上だと察してちゃんはよくいる!そしてそれに反応する人もよくいる。結局反応したその人も察してちゃんなことも多い。」(27歳/女性/医療事務)

    察してちゃんは面倒に感じられることが多いため、現実世界では出しにくい一面でもあるでしょう。ただSNS上には察してちゃんだらけ!普段出せない察してちゃんの一面をSNS上で発揮しているのかもしれませんね。

    そしてやはり類は友を呼ぶのでしょうか。察してちゃんを心配するさらなる察してちゃんが登場することもよく見られるようです。察してちゃんだからこそ、相手の思いをくみ取ることができるとも言えるのかもしれませんね。

    大きな独り言、大きなため息にイライラ


    「職場で、何かと大きな独り言を言ったり大きなため息をつく人がいて、気になって仕事にも集中できない。どうしたの?と声かけたところでなんでもないと言ってくるし、面倒くさい」(29歳/女性/営業)

    この同僚は、察して欲しいがために大きな独り言やため息をついているのでしょう。しかしいざ「どうしたの?」と声をかけても「なんでもない」との返事。「どうすればいいんだよ!」とめんどくさく感じるのは当然ですよね。

    気付かれたくないなら聞こえないようにしてほしいと感じる行動です。何をどうしてほしいのか分からない行動であるため、周りも対処に困ってしまいます。それにより仕事に支障が出てしまうともなれば、迷惑にすら感じてしまうでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)