察してちゃんの特徴と心理|面倒くさい察してちゃんへの対処法とは?

  • 察してちゃんの特徴≪行動編≫

    次は、察してちゃんの「行動」に見られる特徴を見ていきます。もしこんな行動が見られたら、それは「察して欲しい」のサインである可能性も!どのような行動が多く見られるのか、特徴的な行動を挙げていきましょう。

    怒っている時は黙り込む


    察してちゃんは怒った時、感情的になるよりも黙り込む人の方が多いです。何も発言せず黙り込むことで、「何考えてるんだろう」と相手に考えてもらいたいからでしょう。

    怒っているのに黙っているという状況になれば、周りの人は「こうしたいの?」「こう思ってるの?」と気持ちや考えを推し量りますよね。まさに、察してちゃんはそうした行動をしてもらいたいと考えているのです。

    感情的になれば、「ほっとけ」「勝手にすれば」と相手に突き放されてしまう可能性もありますが、黙り込めば「どうしたの?」と心配してくれるはずです。そうした展開を期待しての行動であることが考えられます。

    SNSやLINEで…を多用する


    察して欲しいという思いを「…」で表すことが多いのも、察してちゃんの行動的特徴と言えるでしょう。「辛い…」とか「こうだったら…」と、…を多用する様子が見られたら、相手は察してちゃんの可能性が高いです。

    ハッキリと言葉にしにくい部分、あるいは重みがある言葉を使いたい時こそ…を使う傾向にあります。前後の文章から、「きっとこう感じてるんだろう」と相手に察してもらいたいのでしょう。

    SNSやLINEの文中に…という表現が多く含まれる人は、要注意でしょう。

    相手を誘導する言い方が多い


    ハッキリと言葉にして「こうしたい」と発言することは少ない察してちゃんですが、「自分の思い通りに事が流れるように」と、相手を誘導する発言が多くなります。

    例えば、察してちゃんが「どこかで食事したい」と思っている時、相手をストレートに誘うのではなく「お腹空いてきたな~」「お腹減って何もできない…」といった言い方をするのです。すると相手は「じゃ、どっかご飯行こっか?」という流れになりやすいですよね。

    察してちゃんは相手の行動を先読みして言葉を選んでいるのです。計算高いともいえるかもしえません。

    察して欲しい時こそそばに寄る


    察してちゃんは、周りに察して欲しい時こそ人のそばに寄りたがります。

    例えば、急に「何してた?」と察してちゃんからLINEが来た場合、何かを察して欲しいと考えての行動であることが多いです。SNSで言えば、やたらといいねを押してくるといった行動になるでしょう。察して欲しいと思っている相手に近づき、様々な態度や発言によって気を引こうとするのです。

    いつもより頻繁に連絡が来る、あるいは何かと質問してきたりするなど、接点を持ちたがる様子が見られたら、察して欲しい何かが隠されているでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)