察してちゃんの特徴と心理|面倒くさい察してちゃんへの対処法とは?

「言わなくても分かってよ」と周囲の忖度を期待する察してちゃん。そんな察してちゃんが身近にいると、常にその人の気持ちを考えなければならなくなるため面倒に思うことも多いでしょう。今回はそんな察してちゃんの特徴と心理、また対処法や改善策などをご紹介します!

  • 周りにいる「察してちゃん」が面倒くさい!

    あなたの周りに「察してちゃん」はいますか?中には「そもそも察してちゃんって?」「かまってちゃんとどう違うの?」と思う人もいるかもしれませんね。

    まずは察してちゃんが何者なのか、また他との違いは何なのかをご説明していきましょう。

    そもそも「察してちゃん」とは?


    そもそも「察してちゃん」がどんな人かをご存知でしょうか?

    察してちゃんとは、「気持ちを察してほしい」と思って様々な行動をとる人のことを意味します。言葉にして相手に直接「こうしてほしい」と伝えるのではなく、「自分がとる行動を見て気持ちを察して」というのが察してちゃんの特徴的な行動です。具体的に分かりやすく言葉で伝えてくれる訳でなく、「あなたが感じて」と相手に委ねるのです。

    もちろん、相手が自分の思っている通りの行動をしてくれれば満足します。が、認識の違いなどによって期待と違う行動をとられた場合には、不機嫌になったり、さらなる察してちゃん行動が発揮されたりすることも。このような察してちゃんを「面倒くさい」と思う人は少なくありません。

    「察してちゃん」と「かまってちゃん」の違い


    一見同じように見える察してちゃんとかまってちゃん。その違いについてご説明しましょう。

    大きな違いは、言葉があるかないかです。察してちゃんは、言葉にせず自分の思いをくみ取ってもらいたいという人。一方かまってちゃんは、思いを言葉にしながらかまってほしいことを伝える人です。相手に求めていることは同じでも、それをどのように伝えるかに違いがあると言えますね。

    察してちゃんは要求を言葉にしない分、周囲が気持ちやすべき行動を考えなければならないため、かまってちゃん以上に面倒くさいと感じる人もいます。実際、「素直に言葉にしてくれるかまってちゃんの方がまだ扱いやすい」と感じている人も多いです。

    かまってちゃんが進化した可能性も


    元々かまってちゃんだった人が、あることをきっかけに察してちゃんに進化したというケースもあります。言葉にして伝えていたものの、それに応えてもらえない、あるいは否定的な反応が見られ、言葉にすることが怖くなったことで察してちゃんへと変わった可能性もあるのです。

    察してちゃんは、「これをこうして」と具体的に伝えるわけではないため、ある意味、相手の気持ちを試しているともいえます。察してちゃんがどのような思いで何を期待しているのか、慎重に見極める必要があるでしょう。