クチャラーは自覚がない?その原因や特徴・治し方まで徹底解説!

食事中に不快な咀嚼音を立てるクチャラー。クチャラーに対して好印象を抱く人はきわめて少ないもの。何故クチャラーは嫌われるのでしょう。この記事では、その原因や特徴、治し方まで詳しくまとめてみました。他人の不快指数を上げないために、是非参考にしてみてください。

  • あなたはクチャラーになっていませんか?

    目の前にクチャクチャ音を立てて食事をしている人がいたら、どう思いますか?おそらく「みっともない」「不快だ」といった、否定的な意見を抱く人が多いでしょう。好意的な意見を抱く人は、非常に稀なのではないでしょうか。

    クチャラーに対する世間の反応は、きわめて厳しいです。しかし驚くべきことにクチャラーの多くは、自身がクチャラーであることに無自覚だといいます。もしかしたらあなたも、その無自覚な一人になってしまっているかもしれませんよ。

    今回は、クチャラーの原因や特徴、治し方について詳しくご紹介します。他人の不快指数を上げないために、是非参考にしてみてください。

    そもそも「クチャラー」の意味とは


    まずはクチャラーという言葉の意味から解説していきましょう。

    クチャラーとは、咀嚼音の「クチャクチャ」と「~する人」を意味する英語の接尾辞「~er」を組み合わせた造語です。食べ物を咀嚼するときクチャクチャと音を立てて食べる人たちを冷やかす意味合いで使われ始めた言葉ですが、今では汚い人、マナーのなっていない人といった意味で使われることもあります。

    決して良い意味で使われる言葉ではないので、間違ってもクチャラーだなんて思われたくないですよね。

  • クチャラーが嫌がられる理由

    食事の際、クチャラーは他人の不快指数をいとも簡単に上げてしまいます。しかし何故クチャラーは他人から嫌がられてしまうのでしょうか?代表的な理由をまとめてみました。

    音が不快


    人が不快だと感じる音の条件は、不規則で高さが一定でない音だと言われています。これに粘度が加わった音を、人はさらに嫌う傾向にあるのだとか。

    クチャラーが出す咀嚼音は、これらの条件を見事に満たしています。そして人は、不快な音程より大きく感じてしまうようです。「クチャクチャ音が無理!」という人は非常に多いですが、裏打ちされた理由があったんですね。

    最近では、食べ物の咀嚼音を聞かせるASMR動画が流行しています。目にしたことがある人もいるのではないでしょうか。しかしASMR動画の心地いい咀嚼音とは違い、クチャラーの口から発せられる咀嚼音は、他人の耳には不快な雑音でしかないようです。

    食べ方が汚く見える


    クチャクチャと音を立てて食事をする姿は、傍目で見ていて美しいとは言えません。たとえ正しい箸の持ち方をしていても、ピンと背筋を伸ばしていても、不快な音はそれだけで食べ方を汚く見せてしまうのです。

    クチャラーの人は、なるべく音を立てずに食事することを心がけなければいけませんね。

    マナーがなっていない


    小さい頃、「食事の時は音を立てず静かに食べなさい」と親から注意を受けたことがある人も多いはず。

    日本では汁物や麺類などの一部の料理を除き、音を立てて食べることはマナー違反だと考えられています。そのため、そんなマナーなどどこ吹く風で音を立てるクチャラーは、「マナーのなってない人」「非常識な人」とみなされてしまいます。クチャラーに対する世間の評価は、非常に厳しいのです。

    気になって食事に集中できない


    クチャラーと同席すると、気になって食事に集中できないという人は少なくありません。「気になるなら注意すればいいじゃない」という人も中にはいるかもしれませんが、他人を注意するということは労力を要するものです。

    クチャラーが家族や恋人のように親しくない場合、大抵の人は注意をせずに我慢します。クチャラーの立てる不快な音にひたすら耐え続けるのです。しかし不快な音ほど、人は大きく感じる耳を持っています。そうなるともう食事を楽しむことなんてできないですよね。

    一緒にいて恥ずかしい


    「汚い」「マナーがなってない」など、クチャラーに対して世間は非常識な人という印象を持っています。そのため、クチャラーと一緒にいると恥ずかしいと感じてしまう人も。

    一緒にいる自分までマナーのなってない人だと思われないかと、気にする人も非常に多いようです。