クチャラーは自覚がない?その原因や特徴・治し方まで徹底解説!

食事中に不快な咀嚼音を立てるクチャラー。クチャラーに対して好印象を抱く人はきわめて少ないもの。何故クチャラーは嫌われるのでしょう。この記事では、その原因や特徴、治し方まで詳しくまとめてみました。他人の不快指数を上げないために、是非参考にしてみてください。

  • あなたはクチャラーになっていませんか?

    目の前にクチャクチャ音を立てて食事をしている人がいたら、どう思いますか?おそらく「みっともない」「不快だ」といった、否定的な意見を抱く人が多いでしょう。好意的な意見を抱く人は、非常に稀なのではないでしょうか。

    クチャラーに対する世間の反応は、きわめて厳しいです。しかし驚くべきことにクチャラーの多くは、自身がクチャラーであることに無自覚だといいます。もしかしたらあなたも、その無自覚な一人になってしまっているかもしれませんよ。

    今回は、クチャラーの原因や特徴、治し方について詳しくご紹介します。他人の不快指数を上げないために、是非参考にしてみてください。

    そもそも「クチャラー」の意味とは


    まずはクチャラーという言葉の意味から解説していきましょう。

    クチャラーとは、咀嚼音の「クチャクチャ」と「~する人」を意味する英語の接尾辞「~er」を組み合わせた造語です。食べ物を咀嚼するときクチャクチャと音を立てて食べる人たちを冷やかす意味合いで使われ始めた言葉ですが、今では汚い人、マナーのなっていない人といった意味で使われることもあります。

    決して良い意味で使われる言葉ではないので、間違ってもクチャラーだなんて思われたくないですよね。