ファザコンの心理的特徴や恋愛傾向とは?意味や原因まで徹底解説!

「ファザコン」とは、ファザーコンプレックスの略で、父親に対して複雑な感情を抱いている状態を言います。今回の記事では、ファザコンな人の心理的な特徴のほか、その恋愛傾向、パートナーがファザコンだった場合の対処法などについてお伝えしていきます。

  • そもそも「ファザコン」とは?

    「ファザコン」とは、父親に対して強い愛情や複雑な感情を抱いている状態を言います。また、そのような状態の人を指す場合もあります。性別は女性男性問いませんが、比較的女性の方が多いでしょう。

    ファザコンの人たちは、なぜファザコンになったのでしょうか。また、ファザコンとは本来どんな意味を持っている言葉なのでしょう。今回は、ファザコンの詳細な意味や、ファザコンの人たちがファザコンになった原因についてお伝えしていきます。

    そのほかにも、ファザコンの人たちの恋愛傾向や、自分のパートナーがファザコンだった場合の対処法などもご紹介します。ファザコンの原因やパートナーへの対処法などに興味がある人は、ぜひご一読くださいね!
  • ファザコンの意味&原因とは?

    「ファザコン」とは、ファザーコンプレックスの略で、父親に対して複雑な感情を持っている状態を指す言葉です。父親が好きすぎても、また過剰に嫌いであっても「ファザコン」に該当します。

    ここでは、ファザコンになった人たちが、ファザコンになった原因を大きく2つに分けてお伝えしていきます。

    幼少期に父親の愛情を感じずに育ったパターン


    ファザコンになる人は、父親に愛されたからファザコンになるだけではありません。父親から愛情をあまり受けられなかった人も、ファザコンになりやすいと言われています。

    幼少期に親の愛情をたっぷり受け取れなかった人は、大人になっても親の愛情を求めやすい傾向があります。愛情を受けられなかったあまりに、父親の愛情を大人になっても過剰に求めているのです。

    愛情不足でファザコンになったタイプの人は、愛情表現や感情の状態が不安定になる傾向があります。辛いことがあると感情をコントロールしにくくなることもあるので注意が必要です。

    父親の愛情をたくさん受けて育ったパターン


    父親の愛情をたっぷりと受けて育った女性も、ファザコンになりやすいと言われています。父親の愛情を過剰に受けることでも、父親に対して過度の愛情を持ってしまうようです。

    また父親からの期待が強い、父親が過保護といった状態でもファザコンになる可能性があります。愛情にも色々な質がありますが、娘を守りたいがあまり過保護になると、子供の発達に影響してしまう場合もあるでしょう。

    父親の愛情がなさすぎてもありすぎても、父親に対して通常よりも強い感情を持ちやすくなるのです。