竹を割ったような性格とは?言葉の意味や由来、性格の特徴を徹底解説

  • 竹を割ったような性格を目指して

    一口に「竹を割ったような性格」といっても、簡単に実現できないのではないか。そう思ってしまいがちです。スパッと発言しても、その後に「あれで良かったのかな?」とクヨクヨ思い悩むようでは、竹を割ったような性格とはいえません。

    周りから「竹を割ったような性格の人だ」といわれる人は、発言だけでなくその言動も踏まえて、そう見られているのです。歯切れのいい受け答えに思い切りのある行動力が伴ってこそ、初めて竹を割ったような性格といわれるようになります。

    そんな性格になるのは難しそうですが、人として魅力的なことは確か。なので普段からそのことを目指して生活することは、自分を高めるという意味で大事なことなのかもしれませんね。

Photo:All images by iStock