損得勘定で動く人の特徴と心理|打算的な性格を直す方法を徹底解説!

あなたの周りに損得勘定で動く人はいませんか?中には、自分が「損得勘定で動いてしまっている」と感じている人もいるかもしれません。周囲からどのような印象を受けるのかだけでなく、どのようにすれば直せるのかについても掘り下げていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね

  • 損得勘定で動く人って結局損なの?得なの?

    あなたの周りに、損得勘定で動く人はいませんか?逆に自分が損得勘定で動いてしまって、「そんな性格を直したい」と考えている人もいるかもしれません。損得勘定は悪い印象があると思われがちですが、中には「結果的に得をする」と考えている人もいます。

    そんな「損得勘定」の意味や周囲からの印象、損得勘定で行動する人の特徴、デメリットやメリットなどについても掘り下げていきましょう。周囲に損得勘定で行動する人がいる場合は、自分の性格を直したいと考えている人は必見です。

    「損得勘定」の意味とは


    「損得勘定」とは、自分の行動が得になるのか損になるのかを天秤にかける行為のことを意味しています。勘定は計算するということなので、計算立てて自分の行動を考えます。

    この時、得をする際は積極的に行動しますが、逆の場合は行動に移さない人のことを損得勘定で動く人と表すことが多いです。
    「打算的」の意味とは
    打算的な人は、損得勘定で行動すると言われています。「打算的」とは、自分の利益になるかどうかが行動の判断基準となり、利益につながらない場合は行動はしません。なので、「打算的」と「損得勘定」は同じような意味となります。

    その他にも、「私利私欲で動く」や「ちゃっかりしている」などの類義語が使われることも。言葉の言い回し方は様々なので、自分の使いやすい言葉を使ってみてくださいね。

    損得勘定で動く人は得をする


    損得勘定で動く人は得をする、と考えている人もいます。これには、周囲の人に好かれているように見えたり、出世が早い部分が関係しています。特に計算して動くことができな人や、上司とうまく関係を築けない人がこのような考えに至ることが多いです。

    損得勘定で動く人は損をする


    先ほどとは打って変わり、多くの人は損得勘定で動く人は損をすると考えています。これは日本人の考え方が関係しているのかもしれません。日本人は見返りを求めず、人を助けることを好みます。そして、その行動が自分にとって幸せと感じる人も多いです。

    なので、自分のことばかり考えて行動している人は、きっと損をするという考えになります。