既読無視する人の心理とは?LINEを既読スルーされた時の対処法も

気になる異性にLINEで既読無視をされたら「脈なしだ…」と思って諦めますか?なぜ既読無視をされたのか考えてみると「まだ諦めるのは早いかも!」と思えるかもしれません。また、いつも既読無視をされてしまう人は、嫌がられるLINEを送っている可能性があります。今回は、既読無視に対する男女の本音を検証しながら、さまざまな角度から既読無視について考えてみましょう。

  • LINEを既読無視された…一体どうして?

    スマートフォンが発達した今、コミュニケーションツールのひとつであるLINEの利用者数は、8,000万人を超えると言われています。メインの連絡手段は、メールや電話ではなくLINEだという人も多いのではないでしょうか。

    LINEは、相手がメッセージを読んだかどうかが分かってしまいます。それが利点でもあり、逆に相手の心理を勘ぐってしまう原因にもなりますよね。既読がついているのに返事がこない、いわゆる「既読無視」をされてショックを受けたこと、ありませんか?

    なぜ既読無視をされてしまったのかを考えてみましょう。必ずしもネガティブな要因ではないかもしれません。

    そもそも「既読無視」とは


    LINEでやり取りをしていて、こちらはまだ話が終わったと思っていない時、既読されているのに相手からの返信がなくなることを「既読無視」と言います。「既読スルー」とも言われていますね。

    話が一段落したかどうかの判断は、人それぞれではあります。しかし、例えば「今週空いてる?」という質問に対して、読まれているのに返事が来ないという状況は、無視されていると思っていいでしょう。

    逆に、あなたの送信メッセージが「うん」「わかった」など、返信の必要がなさそうなものであった場合、相手は読んだとしても何も返さないかもしれません。それは無視とは違うと考える人もいますよね。

    返事を必要としているのに、既読がついただけで返事が無い場合のみ、「既読無視」と判断しましょう!

    未読無視と既読無視、どう違う?


    メッセージに既読が付いていない状況なら、相手はまだトークルームを開いていません。もしかしたらLINEのアプリすら開いていないかもしれません。

    けれど、その未読の状態が何日も続いたとします。相手の生活環境を考えると、そんなに長い間LINEを開かないことは無いと判断できるくらい日数が経てば、それは「未読無視」です。意図的にトークルームを開かないようにして、読んでないというアピールをしているのかもしれません。

    未読無視より既読無視の方が不安?


    既読無視なら、相手がそのトークルームを開いた、つまりメッセージを読んだということです。もちろん、相手もLINEの仕組みを理解しているでしょうから、こちらに既読と認識されていることは分かっているはずですね。

    なので、トークルームを開いても返事をしないということは、既読無視していると認識されてもいいと思われている可能性があります。

    未読無視は、本当に忙しくてメッセージを読んでいない可能性も捨て切れません。なので、既読無視の方があからさまに避けられている気がする人もいるのではないでしょうか。気になっている相手にそういう対応をされると、脈なしなのかな?と不安になりますよね。