半同棲のメリット・デメリットは?有意義に過ごすためのコツを伝授!

同棲に憧れる人は多くいますが、半同棲に憧れているという人は少ないのではないでしょうか?半同棲には意味があるの?…そう感じている人のために、この記事では半同棲のメリットやデメリットについて詳しく解説していきます。実は半同棲には同棲以上の魅力もたくさんあるんです!

  • 半同棲と同棲はどう違う?

    大好きな恋人と少しでも長い時間一緒にいたい。そう思ったら、次に進むべき道は同棲なのではないでしょうか。同棲まではいかなくても、半同棲という形で交際を続けているカップルも少なくありません。

    半同棲と聞くと、中途半端な感じもしますよね。まずは半同棲と同棲の違いや定義について知っておきましょう。

    そもそも同居・同棲・居候の違いとは?


    まずは同居、同棲、居候という言葉の意味について考えてみましょう。どれも「誰かと一緒に住む」という意味では同じだといえますが、そこには微妙な違いがあります。

    同居は、家族(夫婦)などが同じ家に住むこと。または、家族ではない人が”家族の家”に住むことを意味します。「夫の実家に同居することになった」などと使われることが多いでしょう。

    同棲は一緒に住むことを意味しますので、どんな関係であっても一緒に住んでいれば、「同棲している」と言って間違いではありません。

    居候は、他人の家に住んで生活の世話をしてもらっている”人”のことを表します。

    半同棲の意味・定義とは


    同棲の意味がわかったところで、次は「半同棲」の意味です。半同棲とは、名前の通り「半分同棲」をしている状態を表します。

    明確な定義はないですが、一般的には「一緒に住んでいるわけではないけれど、どちらかの家に多くいる状態」を指します。例えば、1週間のうち半分は彼の家に泊まっている、週末は毎週彼の家に行っているという状態は半同棲だといえるでしょう。

    きちんと計画をして一緒に住み始める同棲とは違い、いつの間にか半同棲状態になっているというカップルが非常に多いのが特徴で、親に報告をしていないケースも少なくありません。

  • 半同棲のデメリット

    半同棲しているカップルのほとんどが、付き合っているうちに何となくどちらかの家にいる時間が多くなっていったというように、自然な流れで半同棲状態になっていることがほとんどでしょう。その気軽さはメリットだとも言えますが、実は半同棲にはデメリットと言える問題点がいくつかあります。

    家族にバレると印象が悪くなる


    前述でもお伝えしたとおり、半同棲のカップルは互いの両親にきちんと報告をしていないことがほとんどでしょう。「半同棲してます(することになりました)」とわざわざ報告する人はいないですよね。

    そんな中、もし親が急に家を訪ねてきたらどうなるでしょう。1人暮らしをしていたと思っていた子どもの部屋に、異性の私物がたくさん置かれていたら…誰だって同棲を疑いますよね。比較的寛容な親だったとしても、やはり報告していないというのは印象が悪いです。

    金銭面がはっきりしない


    半同棲生活で、1番トラブルの元となりやすいのが金銭問題。お互いに家があるわけですから、家賃は同然家主が払っているケースが一般的でしょう。それだけならまだしも、生活用品や一緒にいる時の食費、特に光熱費といった出費は1人と2人とでは大違いです。それを家主だけが負担しているとなると、不満が出てきてもおかしくありません。

    また、きちんと折半しようにも、毎日一緒に生活しているわけではないので、分担が難しいのです。

    もし、金銭面でのトラブルが発生した場合は、別れるかきちんと同棲するかをはっきり決断しなければならなくなります。

    半同棲が嫌な場合に伝えにくい


    好き同士のカップルであれば、長く一緒にいたいと思うのは当然。特に家が離れている場合は、自ずとどちらかの家に泊まるという日が増えてくるでしょう。そんな中、恋人の荷物や私物がどんどん増えていって、いつの間にか半同棲状態に…。

    ただし、それを相手(家主)が心から受け入れているとは限りません。もし、あなたの家に彼氏がしょっちゅういる状態が続いたとしたら、嬉しいと感じる人もいれば、微妙だと感じる人もいるでしょう。後者の場合、それを相手に伝えるのはなかなか難しいことですよね。

    行く側と来られる側では、状況や感じ方が違うことを理解しておくべきなのかもしれません。

    同棲よりも別れるのが楽


    人の心は移ろいやすいもの…長く一緒にいれば、相手の嫌な部分も見えてきますし、性格の不一致を感じることもあるでしょう。そんな中、もし同棲をしていれば「新しい家を探す必要があるし、別れを切り出すのも気まずい」と感じ、別れを思い留まることが多いのが事実です。

    しかし、半同棲の場合は自分の家があるわけですから、別れたら荷物を持ち帰ればいいだけであって、さほど生活の変化はないのです。つまり、別れるのが簡単だということ。

    さらに、長い時間一緒にいるとと衝突も起きやすいので、別々に暮らしているカップルよりも別れに発展する可能性が高いともいえます。