半同棲のメリット・デメリットは?有意義に過ごすためのコツを伝授!

同棲に憧れる人は多くいますが、半同棲に憧れているという人は少ないのではないでしょうか?半同棲には意味があるの?…そう感じている人のために、この記事では半同棲のメリットやデメリットについて詳しく解説していきます。実は半同棲には同棲以上の魅力もたくさんあるんです!

  • 半同棲と同棲はどう違う?

    大好きな恋人と少しでも長い時間一緒にいたい。そう思ったら、次に進むべき道は同棲なのではないでしょうか。同棲まではいかなくても、半同棲という形で交際を続けているカップルも少なくありません。

    半同棲と聞くと、中途半端な感じもしますよね。まずは半同棲と同棲の違いや定義について知っておきましょう。

    そもそも同居・同棲・居候の違いとは?


    まずは同居、同棲、居候という言葉の意味について考えてみましょう。どれも「誰かと一緒に住む」という意味では同じだといえますが、そこには微妙な違いがあります。

    同居は、家族(夫婦)などが同じ家に住むこと。または、家族ではない人が”家族の家”に住むことを意味します。「夫の実家に同居することになった」などと使われることが多いでしょう。

    同棲は一緒に住むことを意味しますので、どんな関係であっても一緒に住んでいれば、「同棲している」と言って間違いではありません。

    居候は、他人の家に住んで生活の世話をしてもらっている”人”のことを表します。

    半同棲の意味・定義とは


    同棲の意味がわかったところで、次は「半同棲」の意味です。半同棲とは、名前の通り「半分同棲」をしている状態を表します。

    明確な定義はないですが、一般的には「一緒に住んでいるわけではないけれど、どちらかの家に多くいる状態」を指します。例えば、1週間のうち半分は彼の家に泊まっている、週末は毎週彼の家に行っているという状態は半同棲だといえるでしょう。

    きちんと計画をして一緒に住み始める同棲とは違い、いつの間にか半同棲状態になっているというカップルが非常に多いのが特徴で、親に報告をしていないケースも少なくありません。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)