体育会系が嫌いな人の理由とは?苦手な体育会系への対処法も解説!

  • 嫌いな体育会系への対処法とは?

    体育会系の人や体育会系の会社の特徴について分析してきましたが、体育会系の人には「嫌い」と思われてしまう特徴がある反面、長所だと判断される特徴もあるのですね。

    「体育会系の人は嫌い!」「嫌いだから付き合わない!」と決めつけてしまうようでは、もったいないでしょう。

    ここはぜひ「嫌いな体育会系への対処法」を学び、上手に付き合えるようにしてください。

    ノリに合わせず意思を強く持つ


    「体育会系のノリについていかないと!」と無理していても、体育会系のノリについていけないものはいけないのです。無理しているようでは長続きしませんし、ストレスが溜まってしまうので、ここは無理に合わせない方法を取るようにしましょう。

    のらりくらりと言い訳をして飲み会を避け続けるのではなく、ハッキリと「飲み会は嫌いなのです。すみません」と言ってしまっても良いですね。また、飲み会に参加したからといって、自分も騒がなくてはならないのではないのです。

    しゃべりたい人がいれば、聞いてあげる人も必要なのですから、自分は聞き役に徹してみるのも良いですね。自分の立場を考えながら、適切に、そして無理なく付き合えるようにしていきましょう。

    思い切って転職する


    体育会系のノリが嫌いなら、思い切ってその場を離れることを考えてみましょう。友人同士なら、そのグループからは外れる、会社なら思い切って転職活動を始めるなど、今の状況を改善できる方法を模索してください。

    「楽しく過ごすのも人生」「我慢しながら過ごすのも人生」です。今の状況で工夫しながら生きていくか、今の状況を大きく変える努力をするか、自分のライフスタイルや環境を踏まえてじっくりと考えてみましょう。

    くれぐれも焦って後悔することのないように「思い切って」「でも慎重に」人生を考えてみることをおすすめします。

    必要最低限の付き合い以外はしない


    嫌いなタイプの人と長時間一緒に過ごすのは誰でも苦痛です。会社にはさまざまなタイプの人が存在し、自分に合う人だけを選り好みして仕事をすることは不可能でしょう。

    それならいっそ「仕事だけの付き合い」として考えてみてはどうでしょうか。仕事中は必要最低限しか付き合うことはありません。嫌いなタイプでも「仕事」と割り切っていれば苦痛は減るでしょう。

    プライベートの時間はできるだけ一緒になることを避け、トラブルを最小限にするようにしてください。

    嫌いでも適当に合わせて他でストレス発散をする


    世の中には嫌いなタイプの人がたくさん存在するものです。嫌いなタイプの人をすべて避けて生活することは至難の業だと言えるでしょう。嫌いなタイプの人でも適当に合わせるコミュニケーション能力が必要なのですね。

    嫌いなタイプの人だからと避けることばかり考えるのではなく、適当に合わせられる点は合わせて、他でストレスを発散するようにしましょう。

    嫌いなタイプの人と一緒にいた時間以上に、好きな友人や好きな家族との時間を楽しむようにしてくださいね。