男女が浮気セックスをする理由と心理|浮気を確認する方法も大公開!

セックスで浮気がバレることなどあるのでしょうか。心の中に隠し事があると、態度に表れる人は多いもの。とすると、セックスで浮気がバレることもあるのかもしれません。今回は、浮気に関する男女の心理を中心に、セックスで浮気してるかどうかを確認する方法などを解説します。

  • 浮気はセックスでバレるって本当?

    この記事をご覧の皆さんは、浮気の経験がありますか?

    浮気とは、本命の彼氏・彼女がいるのに、他の異性と関係を持つこと。そんなのはもちろん承知ですよね。ではこの浮気が本命に知られたら、どうなってしまうでしょう。もちろん、ちょっとした騒動になってしまいますよね。

    ですから、もし出来心で浮気をしてしまった場合、本命の彼氏・彼女にバレないよう、ひた隠しにするのが普通です。ところが一生懸命浮気の痕跡を消しても、たった一回のセックスでバレることがあるというのです。これは本当だと思いますか?

    セックスで浮気がバレることは多い?


    つい間がさして浮気してしまった時、「しっかり証拠隠滅すれば、本命にバレることはないだろう。どうせ浮気だし…」と、なんとかその事実を消そうとしますよね。しかしその考えは、少々危険かもしれません。

    携帯のやり取りの隠滅や、友達に頼んでアリバイ工作をしても、セックスで浮気がバレることがあるのです。LINEの文字やアリバイは消すことができても、「体の記憶」は消せないものなのでしょう。

    男女にとっての浮気セックスの違い


    浮気は、必ずしも男性がするものとは限りません。女性が浮気する場合だってもちろんあります。ここからは、男性の女性を「脇セックス」を比較してみましょう。

    「浮気=浮ついた気持ち」という意味なので、簡単にいえば「遊び」です。これが男性にはピタリと当てはまりますが、女性には当てはまるかどうか正直微妙です。

    本命が別にいるのに、ちょっと間がさしてセックスしてしまった。これが多くの男性の浮気のパターンです。

    しかし女性の浮気は、なんらかの原因があって本命ではない男性とセックスをしてしまう場合がほとんどです。ですから、「浮わついた気持ち」の表れである浮気の意味合いとは少し違っており、男性の浮気とも若干違うといえるのです。
  • 浮気セックスをする理由と心理《男性編》

    男性の浮気セックスと女性の浮気セックスには、少々の違いがあるということを踏まえ、この項目では浮気セックスをする理由や心理についてご説明します。最初は男性編からです。

    共通して言えるのは、核になる深刻な原因がないということ。「相手」に対してではなく「セックス」に興味を持っている場合が多いということのようです。

    彼女とのセックスに飽きた


    付き合いがマンネリ化してきた、またはセックスの頻度が高すぎるなどの理由から、彼女とのセックスに飽きてしまったという男性は少なくないようです。彼女への愛情が薄れ始めるのと同時に、気がつけばセックスにも飽きている自分がいる。こんな心理から、彼女ではない女性を求め、浮気セックスに発展してしまうこともあるようです。

    ついその場の勢いで


    友達同士で集まることになった時、女性ならランチ会など昼の時間帯を選ぶことが多いのに対し、男性の場合、夜にお酒ありきで集まることが多いようです。また、男性は職場でもお酒を飲む機会が多いですよね。夜にお酒を飲む機会が頻繁にあると、つい浮気セックスしてしまう心の隙も生まれやすくなるようです。

    もっとセックスしたいから


    単純に「もっとセックスしたい」と考える男性もいます。彼女があまりセックスさせてくれないなどの理由があると、他の女性に目が向いてしまうのです。こんなとき、男性の下半身は理性で制御することができません。しかし、彼女のことも愛しています。後ろめたさはありながらも、セックスしたい気持ちが先行し、浮気に走ってしまうのです。

    好奇心


    ずっと彼女一筋で、真面目に恋人関係を続けてきた男性でも、好奇心に負けてしまう瞬間はあります。

    特にお酒の席で女性と接点を持つことがあると、たとえ彼女との関係が順調だったとしても、つい魔が差してしまうケースも少なくありません。

    他の女性に求められたから


    男性の場合「いいな」と思った女性に求められると、自分の状況を忘れ、浮気セックスに走ってしまうことがあります。「据え膳食わぬは男の恥」ということわざもありますが、目の前にセックスができる状況が整ってしまうと、しないではいられないのが「男の性」なのかもしれません。

    なりゆきで


    どうして浮気セックスをしてしまったのか、後から考えると「なりゆき」だったということも男性にはあります。

    「職場の新人の女性に相談を持ち掛けられ、会社の外で食事しながら相談に乗った。話し込んでしまい終電を逃すことに。少しお酒も入っていたのでそのままホテルへ。」などがよくあるなりゆきの例です。

    自分がそうしたかったわけではないのに、浮気セックスする流れになってしまったというケースです。この流れで浮気セックスに至らない男性の方が少数派だという意見もあるようです。