デートを断られた本当の理由は?脈アリor脈ナシからベスト対応まで

  • デートを断られたあとのNG対応

    次は、デートを断られたあとのNG対応を見ていきます。断られたという事実にショックを受けた時、プライドや強がりからついNG行動をとってしまう人もいるため注意が必要です。その対応によって、自ら2回目のチャンスを失わないようNGは避けるべきでしょう。

    露骨に態度を変える


    「デートできるかも」とワクワクドキドキしていたあなたは、断られたことでイラっとくることもあるでしょう。他にも進展が先延ばしになったことによる焦りを持ったり、相手にどう思われているか分からないという不安が一気に押し寄せてくることもあります。

    ただ、その思いを露骨に表に出さないことです。苛立ちや焦り・不安といった思いを態度に出してしまっては、相手に伝わってしまいますよね。「怒らせたかもしれない…」「そんなに悪いことしたかな?」とモヤモヤした気持ちにさせるでしょう。

    露骨に態度を変えてその姿を見せることは、相手にとって不愉快なものになりかねません。態度を変えない、逆に明るくするといった大人な対応を心がけましょう。

    断られたと言いふらす


    例えば、誰が見てもあなたと相手がイイ感じだったとします。仲間内でも「絶対上手くいくよ!」なんて言われている状況です。しかし実際にデートに誘ってみたら断られた…となれば、周りに「断られた」「イイ感じだって言ってたじゃん」と言ってしまいそうになるでしょう。しかしそれはNG対応です。

    断られたと言いふらせば、相手は「思わせぶりな人」「誘った人がかわいそう」と周りから思われる可能性がありますよね。同じ仲間内でのことだとしたら、他の人とも気まずくなるかもしれないのです。

    断られたと言いふらす行為は、断ったその人を追い詰める行動になります。そうなってしまえば、あなたとは自然と距離を置いたり2回目もないと思われてしまうでしょう。

    断られたからと相手を責める


    断られた理由が何であれ、相手を責めることはNGです。「どうして断るの?」と何度も問い詰めることもそうですが、「んじゃ、その思わせぶりな態度はなに?」と嫌味に似た発言をすることも責めていることになります。

    今は、相手と彼氏彼女という関係ではありません。そのため、相手を束縛したり求める権利がないとも言えますよね。もちろん、責める権利もありません。

    勝手に勘違いしたり思い込みによって期待していると、断られた時に逆ギレ状態になってしまう人がいます。が、それは相手に引かれてしまうだけでなく、嫌われてしまう行動になるためNG対応と言えるでしょう。

    繋がりのある他の人にデートの誘いをする


    例えば、相手の人と合コンや飲み会で知り合ったとします。その時皆と連絡先を交換してたあなた。気になる相手からデートを断られたからという理由で、「じゃあ、あっちの人に声かけてみよう」と軽い気持ちで他の人を誘うのはやめた方が良いでしょう。

    断られたから気晴らしに、あるいは嫉妬させるためにと繋がりある人をデートに誘えば、その情報は気になる人に伝わります。「○○さんからデート誘われた」と聞けば、「自分だけに言ってるわけじゃなかったんだ」と思い、あなたのデートの誘いが軽く適当なものだったと感じますよね。

    断られたからといって、腹いせのような行動に出るのもNG。特に繋がりある人たちは情報を共有している可能性もあるため、自分で自分の立場を悪くしないよう気を付けましょう。

  • 成功しやすいデートの誘い方

    デートを誘う時、そりゃあ誰だって「成功したい!」「断られたくない!」と思うのは当然ですよね!であれば、“成功しやすい”デートの誘い方をすれば可能性も高くなるのではないでしょうか。

    最後に、成功しやすいデートの誘い方を伝授!できるだけ断られる要素を排除し、約束を取りつけやすい方法で誘ってみましょう。

    ○日と△日だったらどっちがいい?


    デートの日程を予め複数用意し、相手が選択できるような誘い方だと成功しやすいでしょう。特定の日だけに絞って「この日デートできる?」と誘ってしまえば、予定が入っていた場合断るしかなくなってしまいますよね。

    「○日と△日だったらどっちがいい?」と、相手に選択してもらう方法で日程を決めると良いでしょう。例えば、平日と土日に分けて都合のつきやすい方を選んでもらうという方法だと良いです。選択肢が増えれば増えるほど、相手の都合もつきやすくなるため成功率が高まります。

    相手の興味のある場所に誘う


    誘う時は、デートの内容にもこだわるべきです。仮に女性が男性に「ショッピング行こう」とか「景色いいところでインスタ映え狙おう」といった誘い方をしても、男性は興味を持ちにくいですよね。

    一度目のデートは、相手に合わせたデートプランが良いです。自分が楽しむことよりも、相手が「行ってみたいな」と思う内容にすると断られる確率が減ります。相手の興味のあることをリサーチし、それに関連する場所を提案してみると「行こう行こう!」と張り切ってくれることすら期待できます。

    相手の忙しくないタイミングに誘う


    バタバタと忙しい日々を送っている相手をデートに誘っても、現実的に無理だったり、行く気になれないという問題が生じるだけです。デートに誘う“タイミング”を気を付けると良いでしょう。

    相手のことをある程度知っていて、忙しい時期、そうではない時期を把握できているなら「会いたい」という気持ちを優先するのではなく、相手の都合に合わせた方が良いです。仮に仕事上繁忙期のタイミングであれば、相手にも余裕がないのは当然ですよね。

    日頃の会話の中から忙しいのか余裕があるのかを見抜き、良いタイミングで誘いをかけるようにしましょう。

    一度目のデートは食事程度にしておく


    先ほども「デートの内容」にこだわるべきとお話しましたが、そこには「時間」も含まれます。初めから長時間のデートが予想されれば、「何を話そう」「気まずくなったらどうしよう」と不安視する人もいるでしょう。なので、一度目のデートは短時間で済む食事程度にしておくと、相手も応じやすくなります。

    1~2時間程度で解散すると予め分かっていれば、不安は持ちにくいもの。不安が少なくワクワクの気持ちの方を大きく持てれば「行ってみたい」となりますよね!

    初めてのデートから長い時間一緒に居ようとせず、短時間でのデートを提案してみると成功しやすくなります。

    口実を作る


    あからさまに「デートしよう!」というより、口実を作った方が約束しやすいことも確かです。デートの誘いとなれば、相手もかしこまったり不安を感じやすいですが「相談がある」とか「この間のお礼がしたい」と言われれば、応じやすくなりますよね。

    要するに、“目的”を作りデートに誘う方法です。「なぜデートするのか」「なぜデートしたがっているのか」という目的が明確に示されると、相手の警戒心はかなり少なくなります。デートということ自体に抵抗を感じているようであれば、口実を作ってみると良いでしょう。