デートを断られた本当の理由は?脈アリor脈ナシからベスト対応まで

  • デートを断られた!脈アリのパターン≪男女共通≫

    デートを断られたものの、脈アリなパターンもあります。その断られた理由や相手の出方次第では、一度デートを断られたとしてもまだ可能性は充分あるのです!どのような断られ方だと脈アリなのかを見ていきましょう。

    代わりの日程を提案された


    一度デートの誘いを断られたものの、「来週はどうかな?」など代わりとなる日程を明確に提案された場合は脈アリと言えます。この場合、大抵はその日予定が入っているという理由が多いです。

    また、代わりの日を具体的に提案されたということは、「自分もデートしたいと思ってる」という証拠ですよね。今回はダメでもデート自体はしたい、そんな気持ちが込められています。相手に合わせた日程で約束できるようであれば、完全に脈アリです。

    「来月ならいける」と行く意志がある返信


    断られた際に具体的な日程を提案されなかったとしても、「来月なら行ける」「今はできないけど次こそ行きたいな」と、行く意志が見られたら脈アリ度が高めと言えるでしょう。行きたいという意思を見せるということは、また誘いが来ても構わないと捉えることができますよね。また、一度断られた側もこのように言われることで、再度誘いやすくなります。

    単純に忙しい時期に誘ってしまった、あるいは親交がまだ浅いといった状況だったために断られた可能性があるでしょう。間隔をあけてもう一度誘ってみると、脈アリ・ナシの判断が確実にできるはずです。

    もっと仲良くなってからと断られた


    「もっと仲良くなってからね」と断られた場合は、まだ脈アリと言えます。相手の中で警戒心があったり、「話題がない」という不安があるのでしょう。そのため、デートはまだ早いと感じているのです。

    この場合は、今以上に頻繁に連絡を取り、お互いを知ることが先決になりますね。「自分はこういう人だよ」と分かってもらったり共通点を見つけたりといった工程が必要になるでしょう。

    まだ相手はあなたと「仲が良い」「良い雰囲気」とまでは思っていませんが、知りたいと思っているのは確かです。時間をかけて関係を深めていけば、今後デートできる可能性はあるでしょう。

    短時間でもいいならだけど…と条件がある


    デートを誘ったものの「ごめん、難しいかも…」と断られたとしましょう。しかしその後、「仕事終わった後1時間くらいなら…」「短時間で逆に申し訳ないからさ…」と言われた場合は脈アリと言えます。

    デートを断られたのは、あなたへの配慮や気遣いだったと言えますよね。あなたに対して申し訳ないと思う都合や事情が相手にあり、断られたのでしょう。このような場合は、「短時間でもいいよ」と相手の気遣いに応える形でさらに押してみると、デートの約束はできるはずです。

  • デートを断られたあとのベストな対応

    もしデートに断られたとしても、その後の対応次第では次に繋がる可能性があります。せっかく可能性があったのに、あなたの対応が悪くて「次もないな」と思われてしまったらもったいないですよね…。そうならないよう、断られた後のベストな対応も見ておきましょう。

    あっさりと引き下がる


    デートを断られたら、その場はあっさりと引き下がった方が良いです。しつこく何度も交渉したり提案してしまうと、かえって相手が引いてしまいます。断られた時は、「仕方ない」と割り切り次の機会を伺う方が利口です。

    相手もあっさり引き下がられると、「あれ?そこまでしたかった訳でもないの?」と多少気になるもの。あえてあっさりとした態度を見せ、去る者追わず感を出した方が気にしてくれる可能性があるのです。

    すぐに誘わない


    一度デートの誘いを断られたら、次の誘いまで少し間隔をあけた方が良いです。仮に「今忙しくて…」と断られた場合、1週間置いたところでその状況は変わりにくいですよね。そこで再び誘ってしまったらさらに断られる可能性は高いです。そうなると、3回目の誘いは当然しにくくなってしまうでしょう。

    断られた理由によっては、すぐに誘わずある程度の期間を空けること。その方が相手の状況も変わり、応じてくれる確率も高くなります。

    断られたとしても明るく振る舞う


    誘いを断られた時、少なからずショックを受けてしまうでしょう。ただ、そこで明るく振る舞った方が相手への印象は良いです。

    例えば、男性が女性にデートの誘いをしたとします。しかし女性の都合により断られたという状況です。「ごめんね、その日都合悪くて」と言われた時「したくないから?なんで?いつならいいの?」と声のトーン低めに追い打ちをかける男性には、申し訳ない気持ちや不快な気持ちになってしまいますよね。

    逆に「えー!デートしたかったなー!」と明るく振る舞われた方が、女性は「かわいい」「デートしてあげたいな」という気持ちになれるでしょう。断られた後の対応一つで、相手の次に向ける気持ちに差が出るのです。

    一度目のデートにたどり着くまで「好き」は見せない


    デートを断られたことで、焦る人もいるでしょう。デートをしたかったのは、相手と距離を縮めてもっと仲良くなり恋愛関係へと進展させたいためでもあるため、「まだ進展できない」という焦りを持つ人もいます。ただここで、「好き」を見せない方が良いです。

    進展を急ぐあまり「好き」と相手に伝えてしまうと、相手はよりあなたに警戒します。また、「デートの約束をする=好意を受け入れる」と相手は責任を感じてしまうため応じにくくなることも。好きという好意を見せるのは、一度目のデートにたどり着くまではおあずけにしておいた方が、次に誘った時に受け入れてもらいやすくなります。