うまくいかないと感じる原因と瞬間|うまくいくための対処法も解説

人生の中で、うまくいかないと感じる瞬間は気持ちがナイーブになるもの。これまでも、この先もうまくいかないことだらけになりそうな気さえします。うまくいかないと感じる原因は何なのか、うまくいかない時間はどうやって乗り越えるのか、徹底解説していきます。

  • なんだか最近うまくいかない…原因はなに?

    「最近、何もかもうまくいかないな」とため息をついたことはありませんか?本当にうまくいかないことだらけで、人生を放棄してしまいたくなるほど思い詰める人もいます。何故、自分が思う通りにいかないのでしょうか。

    「人生、山あり谷あり」というように、人生はうまくいく時もあれば、うまくいかない時もあるものです。それでも、うまくいかない瞬間には、「うまくいったことなんてあったっけ?」と思ってしまう程、ダメージを受けてしまっています。

    今回は、どんな時にうまくいかないと感じてしまっているのか、について解説していきます。乗り越えるための対処法、意識の持ち方も併せてご紹介していくので、是非参考にしてみてくださいね。
  • 人生がうまくいかないと感じる原因

    人生がうまくいかないと感じるのは、とにかく自分の意識の問題でもあります。実際、同じようなケースでも、それを「うまくいってる」と感じる人もいるのです。うまくいかないと、イライラしたり落ち込んでしまいがちですが、何故そう感じるのかは自分でも把握しておいた方がいいでしょう。

    うまくいかないと感じてしまう原因・意識の持ち方についてみていきます。自分にも当てはまる原因がないか、振り返ってみましょう。

    疲れている


    心身ともに疲れがたまっていると、些細な事でもイライラしてしまいがちです。そんな時こそ「うまくいかない!」と大声を出したくなるでしょう。自分で思っている程、場が窮しているわけでもないのに、妙に焦燥感に駆り立てられてしまっているのかもしれません。

    疲れがたまると、どんどん余裕がなくなり、普段は平常心でいられることも許せなくなります。冷静になろうものにも、疲れ果ててしまっているので、切り替えも難しくなっていくでしょう。うまくいかないと感じるたびに、自分を追い込んでしまっているのです。

    思考がネガティブ


    ネガティブ思考の人は、良い事も悪い事も全てを「うまくいかない」と感じやすくなります。周囲の人が見て「そうかな、うまくいってると思うよ」なんて声をかけても、「だめ、全然うまくいってないんだ」と否定してしまうでしょう。悪い方向に考える癖が、こういった場面に反映されてしまっているのです。

    うまくいかないと感じる時は、自分の価値観や概念がベースとなります。少しでもポジティブに考えることが出来れば、『うまくいっている部分』にも目を向けることが出来るでしょう。ネガティブ思考の人は、そういった部分に目を向けようとしないどころか、目を背けてしまっているのです。

    環境が自分に合っていない


    自分が置かれている環境が、自分に合っていないことも原因の一つとして挙げられます。分かりやすい例で言えば、職場という環境でしょう。不特定多数の人間が集まり、与えられた仕事をこなす、自分の感情はあまり関係ないとされる場面です。だからこそ、環境が合っていないと大きなストレスを生みます。

    ストレスとは、怒りのみに限りません。落ち込んだり、反発したくなるのもストレスの表れ。仕事で行き詰まった時に「うまくいかないな」と感じるのは、ストレスが蓄積されているからかも。環境が合っていないために、溜め込んだストレスが余裕を奪ってしまっているのでしょう。

    許容量を超えている


    あれもこれもやりたい、完璧に仕上げないと…と頑張る人が、「うまくいかない!」と感じるのは、自分の許容量を超えてしまっているのかも知れません。意欲はあっても、同時に複数のタスクをこなせば、パソコンだってパンクします。

    責任感の強さを表しているのでしょうが、うまくいかないと感じると、そのあとの作業にも影響が及び、うまくいかない事が続きやすくなってしまいます。『自分はなんでも出来る』という過信を置いて、少し冷静に、ゆったりした余裕が必要になってくるでしょう。

    過去のミスを引きずっている


    過去のミスをいつまでも引きずっていると、またミスを引き起こす可能性が増えてしまいます。何より、気持ちの切り替えが出来ていない分、うまくいかないと感じることも多くなってしまうようです。向上心が見られないと、どんなことをしてもうまくいかないと感じてしまうもの。

    そのミスによって出来たトラウマが、大きければ大きいほど、気持ちの切り替えは難しいかもしれません。チャレンジ精神も薄くなってしまうので、無難な道ばかりを選ぶでしょう。終わったことは終わったこととして、「今度はうまくいくはず」と前に進むことも必要です。

    目標や理想が高い


    掲げた目標や理想が高すぎると、届かなかった時点でうまくいかないと感じるでしょう。周囲の人が満足するようなレベルでも、納得がいかず「足りない、うまくいかない」と思っているはず。貪欲なのは素晴らしいですが、満足いくまで出来ないと、本当にうまくいかないことだらけの人生になってしまいます。

    テストで80点取れば満足する人がいても、100点を目指している人には、うまくいかないという認識になります。大きな目標は、努力の源になりますが、うまくいかないと感じて士気が下がってしまう可能性もあります。少しハードルを下げて、達成した満足感を得られると、うまくいかないなんて感じることもなくなるはず。