屁理屈ってどういう意味?屁理屈な人の特徴や対処法も徹底解説!

彼氏や同僚から、筋の通らないことを言われたり身勝手な言い訳をされたら、「それって屁理屈では?」と思ってしまうもの。今回の記事では、「屁理屈」の意味や、屁理屈を言う人の特徴のほか、屁理屈を言い続ける人への対処法などについてもお伝えしていきます。屁理屈ばかり言う人に困っている人は、ぜひご一読くださいね!

  • そもそも「屁理屈」とは?

    ほとんどの人が「屁理屈」という言葉を聞いたことがあると思いますが、正確にはどのような意味なのでしょうか。

    ここでは「屁理屈」という言葉の持つ意味や、その使い方が分かる例文などをご紹介していきます。

    屁理屈の意味


    「屁理屈」とは、「おならのようにくだらない理屈」「取るに足らない理屈」という意味のある言葉です。「屁理屈を言う」だと、一般的には自らの非を認めたくないために、とんでもない理屈を探し出してきて主張することを指します。

    屁理屈は、言う方にとってはまっとうな理屈である場合もあり、言う方と言われる方では屁理屈かどうかの感じ方が違うこともしばしばです。屁理屈だと思うのは、言われた側の人間であることが多いでしょう。

    屁理屈の例文


    屁理屈には以下のような使い方があります。

    「屁理屈ばっかり言っていないで、ちゃんと自分のミスを認めて謝ったらどうだ」「そんな愚にもつかない理屈は屁理屈と言うんだ。ほとんど人はそんな考え方をしていないぞ」など、相手の理屈を非難する使い方が多いという特徴があります。

    このように屁理屈という単語を使うときは、概ね自分の主張の正しさと相手の主張のくだらなさを示すときが多いでしょう。