【ラブレターの書き方講座】手紙で告白するメリットや例文も一挙紹介

最近の連絡手段は、LINEやメール、電話が主流となっています。だからこそ、ラブレターで告白したり、感謝の気持ちを伝えたりすると、形として残るだけではなく、印象にも残りやすいです。とはいえ、間違った書き方をしてしまうと逆効果になることも。この記事では、ラブレターの書き方や例文を紹介しています。

  • 告白にラブレターはアリ?気持ちが伝わる書き方とは

    ラブレターを書いた経験はありますか。最近はスマホの普及により、LINEやメール、電話でのやりとりが中心となっているため、手紙に少し時代遅れな印象を持っている人も多いかもしれません。しかしラブレターには、ラブレターにしかないメリットがたくさんあります。

    そもそも「ラブレター」とは


    ラブレターには「愛を告白するための手紙」の意味があります。別の呼び方では「恋文」があり、読んで字のごとく、相手を恋しく思う気持ちが込められた文のことです。恋文をモチーフとした小説や絵画も多く、今も昔も愛する人に気持ちを伝えるための手段として親しまれています。

    社会人でもラブレターを送る人は多い?


    ラブレターと聞くと、中学生や高校生が書くものというイメージがあるかもしれませんが、実は社会人にもラブレターを送る人は意外といるようです。相手が仕事関係の人で私用で連絡を取るのに抵抗がある場合や、通勤ルートで一目惚れした相手に気持ちを伝えたい場合などに、ラブレターを利用するケースが多いようです。

    ラブレターは書き方によっては相手を困らせてしまうこともありますが、差出人が明確で相手のことを想った書き方をしたものは、喜んで受け取ってもらえることが多い様子。「いい大人がラブレターなんて」と考えず、素直な気持ちを便箋にしたためてみましょう。

    書き方を知り、もらって嬉しいラブレターに


    ラブレターは一人で読まれることが多いので、書き方を間違えてしまうと、「なんだこれ?」と思われるだけで、気持ちが伝わらない結果にもなりかねません。逆にいえば、書き方のポイントを押さえれば、読みやすくて気持ちの伝わりやすいラブレターをかき上げることができますよ。

    この記事では、ラブレターの書き方と一緒に、ラブレターを渡したい相手別の例文も紹介しています。ラブレターで告白をしたい、感謝の気持ちを伝えたいと考えている人は、是非参考にしてくださいね。