「出不精」の意味とは?出不精な人の特徴・心理・付き合い方を解説

外出をしたがらない「出不精」の人が増加しているのをご存知でしょうか。出不精になる原因は様々ありますが、1番はネットの普及が原因と言われているため、誰にでも起こりうることなのです。そこで今回は、出不精な人の特徴や心理、付き合い方について詳しく解説します。

  • 「出不精」って何?どういう意味?

    皆さんは「出不精」という言葉を聞いたことがありますか。近頃ではあまり耳にしなくなったため、出不精と言われると首をかしげる人も多いかもしれませんね。

    ここでは、出不精の読み方や意味について詳しく解説します。また、インドア派やひきこもりとの違いについても併せて解説するので、興味のある方は必見です!

    出不精とは?読み方と意味


    「出不精」の読み方は『でぶしょう』です。読み方だけを見ると太っていることを連想する方も多いかもしれませんが、そういった意味は一切ありません。

    出不精には、「外出を面倒に思うこと」「家の中にずっといる人」という意味があります。

    ・出=外出
    ・不精=物事を面倒に思うこと

    というように、『出』と『不精』を分けて考えると意味がわかりやすくなるでしょう。

    使い方としては、外出を面倒に思っている人に対して「出不精な人」と言ったり、「うちの夫は出不精で…」などと言ったりします。

    「出不精」と「インドア派」は類語


    「出不精」の類語には「インドア派」があります。近頃は出不精と言うよりも、インドア派という言葉を活用する人も多いのではないでしょうか。

    インドア派とは、外に出かけるよりも家の中で過ごすことが好きな人を指します。反対に、外で遊ぶ方が好きな人のことを「アウトドア派」と呼ぶのです。

    「出不精」と「ひきこもり」の違い


    「出不精」と「ひきこもり」も、外出をしないという点では同じ意味合いを持ちますが、根本的な部分が異なります。

    出不精は自ら外出をしない選択をしているのに対し、ひきこもりは社会と関わること自体を拒否しているのです。

    ひきこもりは、学校や職場といった外の世界の人間との関わりを断ち切ろうとするだけでなく、家族との接触も拒否する傾向にあります。

    一方出不精は、外に出かけることに対して興味を持っておらず、"外出できるけど億劫だから出ないだけ"という状態にあるのです。