いじられキャラはモテるって本当?特徴やアプローチ方法を解説!

どこにでも一人や二人必ずいると言ってもいい存在が「いじられキャラ」です。いじられキャラは損することが多いと思っていませんか?しかし実はモテることも多いのだとか。今回は「いじられキャラ」について解説!いじられキャラの人の特徴から、いじられキャラの異性へのアプローチ方法まで、一挙に見ていきましょう。

  • そもそも「いじられキャラ」とは?

    「○○さんっていじられキャラだよね」などと言ったり、言われたりしたことがあると思いますが、いじられキャラとはどのような人のことを言うのでしょうか?まずは、いじられキャラの意味や、いじられキャラの人に見られる大まかな要素を見ていきましょう。

    「いじられキャラ」の意味


    「いじられキャラ」とは、周りの人にからかわれたり、面白おかしくちょっかいを出されたりする人物のことを言います。悪く言えばバカにされやすいキャラですが、良く言えば親しみやすいキャラ、愛されているキャラ、冗談が通じるキャラと言えるでしょう。

    いじられキャラになることを嫌がる人もいれば、好む人もいます。一般的には、いじられキャラの人は人から親しみを持たれ、愛されていると感じる人が多いのではないでしょうか。

    とはいえ、誰でもいじられキャラになれる訳ではなく、ある特徴を持った人がなれるものなのです。その特徴は、この後解説していきます。

    いじられキャラは意外とモテる?


    いじられキャラになることを嫌がる人もいますが、実はいじられキャラの人は意外とモテるというメリットもあるのです。

    壁を感じにくく近い距離感でいられる、いじっても笑いに変えてくれるなど、一緒にいて気分を害されることがないため、楽しいと感じるからでしょう。

    「いじられキャラってなんか損しそうで嫌だ」という人も、意外とモテるという事実が分かれば、「いじられキャラも悪くない」と思えるかもしれませんね。

    いじられキャラになることを嫌がる人


    いじられキャラになることを嫌がる人は一定数いるでしょう。プライドが高い人、人の上に立って主導権を握りたい人、あまり人と深い付き合いをしたくない人などに見られます。

    反応が面白いからという理由でこうした人をいじり続けてしまえば、嫌がらせやイジメに繋がってしまいます。そのため、いじる側は注意が必要です。相手がいじられキャラであることを楽しんでいるかどうか、しっかりと見極める必要があるでしょう。