オナニスト男女の特徴とハマったきっかけ!アノ芸能人もオナニスト?

  • オナニストを公言した!?男性芸能人

    男性は友人同士でオナニーの話をすることもあるでしょう。でも、オナニストだということは、周囲には秘密にする人も多いのではないでしょうか。そんな中、オナニストを公言している男性芸能人がいるのでご紹介します。

    加藤浩次


    加藤浩次さんは、テレビ局の楽屋でオナニーをしたことをテレビで語っています。当時40歳だった加藤浩次さんは、朝の情報番組やバラエティ番組で多忙だったそうです。

    40歳になっても性欲はあるので、仕事が続いてオナニーできないことで「このままじゃヤバイ」と思って、楽屋でオナニーすることに。動画やエロ本などを見ずに自分の手だけでオナニーした、と明かしています。

    遠藤章造


    遠藤章造さんは、テレビ番組などでも堂々とオナニーについて語っています。野球に熱中していた高校時代は、スポーツメーカー「ミズノ」のカタログに載っていた大石大二郎選手の太ももを見てオナニーをしていたそうです。

    他にも、個室に入院中にオナニーをしていて看護師に見られた、というエピソードも。アナルに何かを入れるのが好きで、ドラムスティックや空き瓶をアナルに入れていたことも語っています。

    濱口優


    最高で5時間オナニーをしたと語っている濱口優さん。同じくオナニストの加藤浩次さんが「師匠」というほどの存在のようです。

    新しいパソコンを買って2日でダメにしてしまったことがあるそうです。その理由が、エッチな動画を見ていたらパソコンがウイルスに感染してしまったのだとか。

    パソコンはエッチな動画を見るための専用だと語っています。動画以外に、ネットで読める体験談もおかずにしているそうです。

    春日俊彰


    オードリーの春日俊彰さんも、オナニーについてラジオ番組で語ってオナニストだと明らかになりました。ロケの合間に待合室でオナニーしていたという春日俊彰さんですが、その部屋に相方の若林さんが入ってきて、危うく見られるところだったそうです。

    このエピソードを語ったときに、毎日オナニーしていることを明かしました。10代のころからオナニーしていたことまで話しています。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)