デートの上手な断り方!相手別・やんわり誘いを断る方法を徹底解説!

デートに誘われても、それが必ずしも好きな人とは限りませんよね。角を立てずに断るためにも、デートの断り方を知っておきましょう。いくつかのパターンを用意しておくことで、どんな人にも対応することができます。また相手を傷つける断り方も紹介するので、覚えておきましょう。

  • デートの断り方の基本

    デートに誘われても、恋愛対象として見れなかったら断ろうと思うでしょう。しかし断り方を間違えれば、トラブルに発展したり嫌味を言われたりと嫌な経験をします。そのためデートの断り方で嫌な思いをしないためにも、断り方の基本を知っておきましょう。

    角を立てないためにやんわり断る


    好きでもない人からデートに誘われたからといって、あからさまに嫌そうな顔をして断るのはやめましょう。嫌な断り方をすると、その後にトラブルに発展する恐れがあるからです。嫌味を言われたり、嫌がらせを受けたりする恐れもあるでしょう。

    そうしたトラブルを避けるためにも、角を立てずにやんわりと断ることが大切です。強めの口調で「行きません!」なんて断れば、当然誘った相手だって嫌な思いをします。そしてそんな態度に相手はイライラしてしまうでしょう。

    後腐れなく断るためにも何か理由をつけたりすることで、角を立てずに話を終わらせることができますよ。

    興味がない相手には次の機会を与えない


    後腐れなく断るといっても、優柔不断な断り方ではいけません。断っているのか分からない断り方をすると、相手は「OKなのかな?」と良い方向に捉えてしまうことがあります。そのためこちらが断ったつもりでも、相手は了承を得たと勘違いすることもあるでしょう。

    このような認識の違いを生まないためにも、興味がない相手からのデートの誘いなら、きちんと断ることが大切です。「また今度ね」「今日はダメなんだ」などの断り方だと、相手は次があると勘違いします。

    断る時の言葉によっては、相手は「次にまたチャンスがある」と勘違いしてしまうので、興味がないなら次を与えないような言葉選びが必要です。

    断っていると明確に分かるよう伝える


    デートの断り方次第では、相手は「次がある」と勘違いしますよね。こうした認識のズレを無くすためにも、断っていると明確に分かるようにすることも大切です。例えば「デートは行かないんだ」「悪いけど、あなたとは行けない」など、柔らかくも断っていると自覚させる言葉を選びましょう。

    また「行かない」「興味ない」などの言葉は明確に分かる言葉ですが、言い方や雰囲気では角があるように聞こえます。これでは相手も怒りを覚えてしまうので、こうした言葉を使う場合には注意が必要です。角を立てないデートの断り方は難しいものですが、断っていると明確に分かるように伝えないと何度も誘われることになりますよ。