【ポリネシアンセックスのやり方】未体験の快感を味わうコツとは?

  • ポリネシアンセックスのやり方

    ポリネシアンセックスは一般的なセックスとは異なり、しっかりとルールが定められています。といっても、ルール自体はシンプルなので簡単に覚えることができます。

    ちなみに、勝手にアレンジをしてしまうと、期待できるはずの快感が得られなくなってしまうことも。ルールをしっかり守って、愛情豊かにポリネシアンセックスを実践していくことが大切です。

    では、実際にどんなやり方なのか、ルールを確認していきましょう!

    ポリネシアンセックスの基本ルール


    まずはポリネシアンセックスを行う日を決めます。セックスをする日が決まっていると、ドキドキと期待が高まっていきますよね。そのときめきも、究極の快感を得るためのエッセンスになります。手帳などにマークをするのもおすすめですよ。

    そして、4日間かけてお互いの体を丁寧に愛撫します。いつもよりも優しく焦らすように、愛情を込めて行うのがポイント。5日目の挿入までじっくりと体を焦らし、性感や愛情を高めていくようなイメージで行います。

    1日~4日目


    1日目から4日目の間は、キスや愛撫のみを行います。この時に注意したいのが、性器への愛撫は行ってはいけないということ。性器を除く全身を優しく愛撫していきましょう。最低でも1時間以上、じっくりと行ってくださいね。

    この時、洋服は全て脱ぎましょう。生まれたままの姿で愛撫を行うというのもポイントになります。自分の恥ずかしいところを全て見せて、相手にも見せてもらいます。それにより、パートナーとの精神的な繋がりを得ることができるでしょう。

    5日目


    5日目は、前日までと同様に愛撫からスタートします。この時に今日は挿入をするのだとイメージすると、より興奮度が高まるのでおすすめです。興奮しすぎてつい愛撫をおろそかにしてしまいがちですが、最後の仕上げとしてより丁寧に行いましょう。

    そしていざ挿入ですが、すぐには動きません。女性器と男性器が一体化していくイメージで30分ほど我慢します。勃起が弱くなってきてしまった場合は少しだけ動いても大丈夫ですが、あくまで少しだけ。

    30分ほど経ったらスローピストンを始め、30~40分ほどピストンと休憩を繰り返します。激しい動きは必要ありません。お互いの体も心も高まっているので、スローな動きで究極の快感を得ることができるでしょう。

    ポリネシアンセックスはプレイ後も重要


    ポリネシアンセックスはプレイが終わった後も重要です。プレイ後は、究極の快感はもちろんですが、深い愛情や精神的な繋がりを感じているはずです。そのため、二人ともゆったりとした時間を過ごすことが大切です。

    行為が終わったら抱きしめあって愛をささやいたり、見つめ合いましょう。このやり方でより深い満足感を得ることができるでしょう。汗をかいているので、水分補給も行ってくださいね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)