【ポリネシアンセックスのやり方】未体験の快感を味わうコツとは?

「究極のセックス」と言われている、ポリネシアンセックス。実際にその快感を体験してみたい、ポリネシアンセックスで精神的に満たされたいと考えている人もいるのではないでしょうか。この記事では、ポリネシアンセックスのやり方やコツなどを紹介します。ポリネシアンセックスに興味のある方は、ぜひご覧ください。

  • そもそも「ポリネシアンセックス」って何?

    究極のセックスとして話題の「ポリネシアンセックス」。数年ほど前から、インターネットで話題になっています。「セックスの概念自体が変わる」ともっぱらの噂です。快感の面だけではなく、愛情が深まるという噂も興味深いですよね。

    そんな究極のセックスであるポリネシアンセックスは、一体どんな行為をおこなうのでしょうか。今回は、ポリネシアンセックスとは一体何なのか、やり方やメリット・デメリットなどをご紹介します。

    ポリネシアンセックスとは


    ポリネシアンセックスとは、ポリネシア地方に伝わる伝統的なセックスの方法です。ポリネシア地方で代表的な国といえばニュージーランド。キリバスやトンガなども有名ですが、実はハワイも含まれます。

    ポリネシアンセックスでは、4日間愛撫のみを続け、最終日となる5日目にようやく挿入を行います。肉体的な快楽だけではなく、精神面でのつながりを重視しているのも特徴ですね。時間をかけることによってオーガズムが深くなり、より満足感を得ることができると言われています。

    ポリネシアンセックスとスローセックスの違い


    ポリネシアン地方で伝統的に行われてきたセックスのことを、ポリネシアンセックスと呼びます。一方の「スローセックス」は、日本人セラピストのアダム徳永さんが提唱しているセックスの方法です。このふたつは混同されがちなのですが、発祥に大きな違いがありますね。

    スローセックスも時間をかけて行う方法ですが、5日間もの長い時間はかかりません。スローセックスの場合は、1日、もしくは数時間でも、十分堪能することができます。一見似ているように見えますし、共通点もありますが、本質的には全く異なるセックスです。

    ポリネシアンセックスには時間と忍耐が必要?


    5日間という長い時間をかけることで究極の快感に達するのが、ポリネシアンセックスです。そのため、まずは5日間という時間を確保する必要があります。それも、できるだけ長く時間を確保することが求められます。一般的なセックスに比べて時間がかかるやり方ですね。

    そして、もちろん忍耐も必要です。我慢もまたポリネシアンセックスの重要な要素となります。したくなったからとすぐにオーガズムに向かうのではなく、そこで我慢をしなければなりません。

    快感の深さはどのセックスよりも深い?


    もたらす快感は、まさに究極だと言われています。ポリネシアンセックスは、肉体だけではなく精神的にも深く繋がるため、従来の快感とは質自体が違うのだとか。「精神的な満足度が非常に高い」と答える経験者が多いようです。

    今までのセックスでは満足できない人はもちろん、もっと快感の質を高めていきたい人にも、ポリネシアンセックスはおすすめです。