ドライな人の特徴【性格・態度・恋愛】原因や付き合い方も解説!

あなたの周りにドライな人はいますか?その人と親密な関係になりたいと思ってもどこか近寄りがたく感じてしまいますよね…。そんな時はドライな人をもっと理解し深く知ることが大切です。この記事では、謎が多いドライな人の特徴・態度・恋愛から、原因や付き合い方まで一挙に解説していきます!

  • 「ドライな人」ってどんな人?

    「ドライな人」と聞いて、あなたはどのようなイメージを持つでしょうか?まずは、ドライな人の意味やウェットな人との違いから見ていきましょう。

    「ドライな人」の意味


    「○○さんってドライな人だよね」と言われた時、「え、冷たいってこと?」とネガティブなイメージを持つ人もいるのではないでしょうか?

    実際に「ドライな人」とは、物事を割り切って考えられる人のことであったり、感情や人に流されない人のことを意味します。物事に執着したり感情などによってぶれることがない人のことを指すため、相手が悪い意味で言っているとは限らないのです。むしろ、褒め言葉として「ドライな人だよね」と言う人もいるでしょう。

    「ドライな人」と「ウェットな人」の違い


    よくドライな人と比較されやすいのがウェットな人。ウェットな人は、ドライな人とは違い感情などに流されてしまう人のことを言い、良く言えば「情に厚い人」であったり「涙もろい人」と言えます。ドライな人とは対照的な人ですね。

    言葉を変えて言うならば、ドライな人はクールな人でウェットな人は熱い人と言えるでしょう。他にも「人間味があるかないか」と捉える人もいます。

    生き方や環境によって進む道が変わることが多い


    あなたはドライな人でしょうか?それともウェットな人ですか?

    どちらが良い・悪いと一言では決められないでしょう。ドライな人のように割り切った考え方が良い場面もあれば、情で判断することが良い場面もあり、一概にどちらのタイプの人の方が良いとは言えません。

    そして、その人の生き方や経験したこと、また育ってきた環境や人間関係などから得た考えや価値観によって、ドライな人になるかそれともウェットな人になるかは変わってくるでしょう。もちろん同じ経験をしたとしても、受け捉え方やそこから得た感情によっても進む道が変わるのです。