今すぐ誰かと話したいときの対処法!注意点や気持ちの解消法も紹介

誰かと話したいという気持ちはどんなときにも湧いてくるものです。しかし、話し相手が見つからないといった悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。この記事では、誰かと話したいときにおすすめのスポットや誰かと話したい気持ちの解消法をレクチャーします!

  • 今すぐ誰かと話したい!そう感じる心理や瞬間とは?

    ふと、誰かと話したいと思ったり、話を聞いてほしい気持ちが強くなったりすることってありますよね。

    しかし、誰かと話したいときにタイミング良く話相手が見つかればいいのですが、そう簡単に話を聞いてくれる人というのは見つからないものです。話相手が見つからないとヤキモキしてしまったり、強い孤独感を感じたり、面倒な感情にふりまわされがちになります。

    「なぜ、人は誰かと話したくなるの?」と気になる人も居るでしょう。

    今回は、誰かと話したいと感じてしまう人の心理と話し相手が見つからないときの対処法をご紹介します。
  • 誰かと話したいと感じる心理&理由

    誰かと話したい気持ちが生じるのはなぜなのでしょうか?その理由を見ていきましょう。

    共有したいことがある


    「めちゃくちゃ面白い映画を観たあと、誰かにその話をしたくなった」(20歳/男性/大学生)「同窓会に行ったら初恋の人が居て、流れで付き合うことになった。その嬉しさを誰かと共有したかった」(27歳/女性/営業職)

    人は嬉しいことや楽しいことがあると、誰かとその空気感を共有したくなるものです。おすすめの作品を誰かに教えて、同じ経験をしてほしいという人は少なくありません。嬉しい出来事は自然と誰かと話したい気持ちになるのです。

    寂しくて構ってほしい


    「1人の時間に耐えられなくて、誰かに相手をしてほしいとき話相手がいたらいいなと思う」(21歳/女性/フリーター)「ふとしたときに寂しさを感じることがあって、そういうとき誰かに話を聞いてほしい」(29歳/男性/IT関係)

    寂しさを感じたときにも、誰かと話したいと思ってしまう人は多いでしょう。単独行動が好きという人でも、心の奥では孤独感を持つ人は珍しくありません。寂しいときには、誰かに話相手になってもらいたいと考えてしまうのです。

    愚痴を言いたい


    「仕事で上司とうまくいかなくてそれがストレスで、誰かに愚痴を聞いて欲しいと思うときがある」(26歳/男性/製造業)「彼氏と価値観があわなくて喧嘩して、そのことを誰かに相談したかった」(23歳/女性/デザイナー)

    日頃のストレスから愚痴を聞いて欲しいと言う理由で、誰かと話したいと思う人は珍しくありません。誰かに話をするには、ストレスとなっていることを頭の中で整理しなければなりませんから、ストレスの原因を再確認して手放すという課程を踏むことができます。誰かに話を聞いてもらうことによって、ストレスが解消されるのですね。

    頑張りを認めて欲しい


    「入社2年目の新人なんですけど、頑張っても全然成果が出なくて、誰かに労って欲しいと思うことがある」(24歳/女性/営業職)「昇進が決まって役職がついたときには、誰かに褒めたり祝ったりしてもらいたかった」(33歳/男性/IT関係)

    学生時代は教師から褒められたりテストの点数で評価されたりしてきましたが、社会に出ると明確な点数で評価されることは減ります。努力が認められないことも多くあるでしょう。そんなことが続くと、頑張りを認めて欲しいという気持ちから、誰かと話したいという感情が生まれやすくなるのです。