スピード離婚の原因と理由|結婚後すぐの離婚を回避する方法とは?

「スピード離婚は少し抵抗がある」なんて思っている人も多いのではありませんか?ここではスピード離婚のデメリットやメリットだけでなく、スピード離婚をしてしまう場合の理由について解説していきます。回避するための方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • そもそも「スピード離婚」ってなに?

    「スピード離婚」という言葉をご存知ですか?もしかすると、聞きなれない言葉だと感じる人もいるかもしれません。離婚はマイナスなイメージが強いものですが、スピード離婚はどうなのでしょうか。

    スピード離婚に対する認識は人によって異なり、良い印象を持つ人もいればマイナスな印象を持つ人もいるでしょう。今回はそんなスピード離婚について、徹底解説していきます。まずはスピード離婚の定義やその多さについてご紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

    スピード離婚の意味と期間


    一般的に離婚と言えば、長年連れ添った夫婦がするものだという認識が強いです。しかし、中には結婚してから数ヵ月や数年しか経っていないのに離婚してしまう夫婦も。このように、早い段階で離婚することをスピード離婚と言います。

    意外にも結婚から3年以内に離婚する夫婦が多いことから、スピード離婚と言われるのは1年以内に離婚した場合です。ただし、認識は人によって異なるため、「3年以内だとスピード離婚になる」と考える人もいます。

    スピード離婚は意外と多い?


    実は、年々スピード離婚をする人が増えてきているという情報があります。一昔前までは決断を遅らせる人が多かったのに対し、最近では離婚をするという決断をすぐに下す人が増えてきていることが原因なのかもしれません。

    また、近年では女性も働く時代となっており、金銭面において心配が少ないことも離婚が増えた原因に挙げられます。これまでは女性は働かないという認識を持っている人も多かったことから、金銭面で離婚できない人もいました。
  • スピード離婚の原因

    年々増加の一歩を辿っているスピード離婚ですが、なぜ離婚する結果となってしまうのでしょうか。スピード離婚をしようかと悩んでいる人や、これから結婚を控えている人は気になるのではありませんか?

    ここからはスピード離婚をする原因について掘り下げていきます。原因を知ることができれば、スピード離婚を避けられるかもしれません。ぜひ参考にしてみてくださいね。

    理由があり結婚することになった


    結婚した人の中には、理由があって結婚した場合も。理由は様々ですが、両親から結婚しろとしつこく言われ、仕方なく結婚した場合などが挙げられます。その他にも、お見合いで断り切れずに結婚した人もいるようです。

    相手のことが好きで結婚したわけではないため、自分とのちょっとした違いに我慢できず、スピード離婚してしまう人も少なくありません。

    どちらかが強引に結婚をせまった


    結婚というものは、双方の同意のもと行うものです。しかし、中には相手に対して強引に結婚を迫ることも。例えば、そろそろ結婚したいと考えている女性が、相手の男性に対し「まだ結婚しないの?」「早く結婚したい」などと迫ります。

    そうすると、男性は責任を取らなければならないと感じ、しぶしぶ結婚する場合もあるようです。このように強引に結婚を迫った場合、相手の心の中にはモヤモヤした気持ちが残り、違った人生を歩みたいと考えることも。

    相手のことを深く知らずに結婚した


    結婚を決意した人の中には「この人は私の運命の人だ!」と感じ、交際後すぐに結婚する人もいます。交際してからすぐに結婚することが悪いわけではありませんが、相手のことを深く知ることができないデメリットが。

    結婚は性格や価値観、生活におけるすべてのことが関係します。なので、相手のことを深く知らずに結婚すると後悔する人も多いです。

    結婚してみたら合わなかった


    付き合っている間はなんの問題もなかったとしても、結婚してから「合わない」と感じることも。人はそれぞれ育ってきた環境や済んでいる状況が異なるため、相手の行動などに違和感を感じることも多いです。

    中には、結婚生活が耐え難いと感じることもあります。その結果、スピード離婚を選ぶ人も少なくありません。

    生活パターンが変わった


    結婚する前はお互いに時間が合っていたとしても、結婚を機に転職する人もいます。転職後に残業が増えてしまったり、夜勤が増えるなどすると生活パターンが合わなくなることも。生活パターンの不一致はストレスになることも多いため、スピード離婚を考える原因に。

    例えば自分が寝ているのに、相手が大きい音でゲームをしていたりなどが挙げられます。また、生活パターンが異なると自然と会話が減るため、お互いに関心がなくなってしまうことも多いようです。

    結婚後に相手が変わってしまった


    結婚前は優しくて思いやりのある人でも、結婚してから急変してしまうことがあります。これは結婚すると恋人から家族に代わるため、恋人に対する扱いではなくなるからです。例えば、今までは率先して手助けをしてくれていたのに、結婚してからは家事を手伝わないなどがあります。

    特に、ラブラブな結婚生活を思い描いていた人には、そのギャップについていけないことも。これからもそのギャップに苦しめられるのなら、「いっそのことスピード離婚した方がいいのでは?」と考える人は多いようです。