垢抜けない女性の特徴はコレ!【外見・言動】垢抜ける方法も一挙紹介

垢抜けない女性ってぱっとしませんし、何よりモテないことが多いですよね。しかし実際に自分が垢抜けない人からしてみれば、どうすれば垢抜けるの!?と疑問に思うところ…。そこで今回は垢抜けない自分から卒業するための方法を紹介!垢抜けるために必要なことを見ていきます。

  • 垢抜けないねと言われた…どうすれば垢抜けるの?

    「垢抜けないね」そう言われたらショックですよね。垢抜けないと言われると、ダサいと言われている感じがして自信を失ってしまう人もいるでしょう。

    しかし、垢抜けたくても垢抜け方を知らない人からしてみれば「垢抜けないね」という言葉はとにかく傷つくもの。どうすれば垢抜けるのか、その方法が気になるものです。

    そもそも「垢抜ける」の意味とは?


    そもそも「垢抜ける」の意味を知らないと、具体的に垢抜けるためにはどうすればいいのかわからないという人もいるでしょう。

    一般的に垢抜けるというのは「野暮っぽささまがなくなる」「見た目が洗練されること」を意味します。わかりやすく言うと「おしゃれな姿になる」というのが、垢抜けるの意味ですね。

    垢抜けない女性はモテない?


    垢抜けない女性はモテないのか、気になる人もいます。結論から言えば、モテないことはないでしょう。垢抜けなくても内面的な魅力、またはモテに繋がるスキルなどがあれば、モテることはあります。

    しかし、そうでなければモテにくいのは事実です。同時に、好きな人を振り向かせるならば垢抜けているほうが断然有利でしょう。

    基本的にほとんどの人は、外見から相手に興味を持ち、内面の魅力に気付くことになります。いくら内面に自信があっても、そもそも外見から自分に興味を持ってもらえないと、内面は見てもらえません。そういった意味では、垢抜けた女性のほうが垢抜けない女性よりもモテて、恋愛では有利だと言えます。

    暗い人に見えることが垢抜けない人には多い


    また、垢抜けない人=暗い人という印象を持つ人もいます。

    おしゃれな人など垢抜けた人を見ると、明るく活発な表情を感じる人は多いでしょう。しかし、垢抜けない人はどこか野暮ったく、暗い人に見えるという人は多いのです。

    もちろん実際に暗い性格かどうかは別ですが、第一印象的に「暗い人」と見られることは多い傾向にあります。第一印象、初対面でマイナスな印象を与えるという意味では垢抜けない人よりも垢抜けた人を目指したほうが何かと得とも言えるでしょう。