生挿入セックスが気持ちいい…その理由と男女の本音を徹底解説!

生挿入セックスが気持ちいいのをご存知ですか?男性はもちろん、女性もその刺激と感触の虜となっている人が多いのだとか。そんな生挿入セックスはなぜ気持ちいいのでしょうか?そして、生挿入セックスに対する男女の本音とはどのようなものなのでしょうか?

  • 「生挿入」セックスは気持ちいいって本当?

    ゴム無しでセックスをする、いわゆる生挿入の経験はありますか?子供を望まないのであれば、コンドームを使うのは常識。でも生挿入の快感は、ゴム有りとは比べものにならないほど気持ちがいいのだとか。本当に生挿入セックスは気持ちいいのでしょうか?ゴム無しというリスクを負ってでも、やる価値はあるのでしょうか?

    そもそも「生挿入」とはどういうこと?


    そもそも生挿入とは「コンドームを付けない状態で挿入をすること」です。つまり避妊をせずにセックスをするということですから、もちろん妊娠をする可能性が高まります。子供を望んでいる、あるいは子供ができても困らない場合ならば問題はないでしょう。しかし、妊娠を望んでいないのであれば、とても危険です。

    「生挿入」が好きな人は多い?


    「避妊をしなければ子供ができるかもしれない、けれどもやめられない」というように、リスクを理解したうえで生挿入をする男女はとても多いのだとか。それだけ生挿入は、ゴム有りでするセックスに比べて気持ちいいのです。中には「セックスは生挿入以外ありえない!」「彼氏がゴムを付けようとしたら必死に阻止する!」なんていう女性の声もあります。

    さらには「生挿入で中出しをしてもらうためにピルを常飲している!」「彼女にピルを飲んでもらって生挿入を楽しんでいる」というカップルも目立ちました。そこまでしてでも、生挿入セックスをしたい!という人がいるほど、ゴム無しセックスは気持ちいいのです。
  • 生挿入セックスが気持ちいい理由

    生挿入セックスは男性はもちろん、女性も気持ちいいと感じるようです。どうしてそれほどまでに気持ちいいのでしょうか?その理由をご紹介します。

    直接刺激を感じることができる


    生挿入は女性器の刺激をペニスで直接感じられるだけではなく、女性側も男性器の感触をダイレクトに感じられます。そのため、ゴムを隔てたセックスよりもとても気持ちよく、刺激的なセックスができるのが理由です。ペニスや女性器本来の感触や感覚を味わえる生挿入に、夢中になる男女が多いのも納得ですね。

    ゴムによる不快感がない


    女性によってはコンドームの感触が不快に感じることもあります。なんとなく違和感があるだけならまだいいでしょうが、場合によっては痛みやかゆみを感じることすらあります。また男性側も、ゴム越しだと何も感じないという方もいます。そのような不快感を考えると、リスクを伴っても生挿入を選択しちゃいますよね。

    ぬくもりを感じられる


    生挿入が気持ちいい理由として考えられるのはもう1つ。ペニスや女性器のぬくもりが直接感じられるというものです。ゴム越しだと、お互いの体温は感じずらく無機質な感触になりがちです。

    しかし生挿入だと、お互いのぬくもりを感じ、コンドーム有りのときよりも近くなったような感覚が得られます。このぬくもりが感じられるというのも、生挿入が気持ちいいと感じられるポイントなのです。

    生挿入というスリルがたまらない!


    生挿入をしているということは、妊娠に対するリスクが高まるということです。通常であれば「妊娠したら困るから避妊をしよう」となるのですが、このリスクがむしろ、スパイスとなって興奮するというのです。浮気や不倫のときにもいわれることですが、「スリルが伴うセックスは興奮する」ということでしょうね。