【合コンで盛り上がるゲーム集】盛り上げるコツや注意点も一挙公開!

  • 合コンで盛り上がるゲーム集《アプリ編》

    ここ10年程度でスマホが急激に普及したことから、合コン向けのアプリも多数開発されていますよね。スマホアプリを使えば、紙やペン、おもちゃなどを用意する必要もなく、さまざまな合コンゲームで盛り上がることができます。合コン向けのスマホアプリについてみていきましょう。

    「爆弾危機一髪」


    パーティゲームの定番といえば「黒ひげ危機一髪」ですが、おもちゃ一式をわざわざ合コンへ持ち込むのはかなり大荷物になってしまいます。そこで取り入れたいのが、アプリ「爆弾危機一髪」です。

    このアプリはすごくシンプル。まず表示されたスタートボタンを押すと、画面中央に大きな爆弾のイラストが現れます。この爆弾を一人につき1回から3回タップして次の人に回しましょう。自分がタップした時に爆発したら、その人の負けとなります。

    このアプリは罰ゲーム付き。「隣の人のデコピンを受ける」「全力スマイル」などの簡単なものもありますが、中には「アニメキャラのものまねで逆立ち」といった難易度の高いものもあります。適度にアレンジしつつ楽しめると良いですね。

    「ツーショット相性診断 love with」


    参加者の中に気になる相手がいるけど、話しかけるきっかけがない…そんな時におすすめのアプリが「ツーショット相性診断 love with」。相性を占うことができるだけでなく、相手とのツーショット写真までゲットできちゃうアプリです。

    このアプリは、その名の通りツーショット写真から二人の相性を診断してくれます。アプリを起動したら「撮影する」を選び、カメラで相性診断をしたい相手とのツーショット写真を撮影。撮影後はすぐに結果が表示されます。

    自分で相手を誘ってももちろんいいですが、声を掛けられない場合は周りからサポートしてもらうといいでしょう。「そこの二人、相性診断やってあげるよ!」とツーショットを撮ってもらえば、会話が弾むきっかけになるかもしれませんね。

    「合コン宴会にお絵かき伝言ゲーム!」


    クイズ番組やパーティで意外と盛り上がるのが「お絵かき伝言ゲーム」。このアプリを使えば、紙やペンがなくても手軽にお絵かき伝言ゲームを楽しめちゃいます。

    遊び方は、まずお題が表示されるので、そのイラストを描いたら次の人に回しましょう。次の人は前の人のイラストを見て何の絵かを考え、自分もイラストにして次の人に回します。これを繰り返し、最後の人がお題の絵を当てる簡単ゲーム。

    このアプリのポイントは、スマホに指で絵を描くことです。紙とペンではどうしても画力に差が生じてしまいがちですが、タッチパネルで絵を描くことで適度な書きづらさを実現。先程紹介したイラストゲームよりも画力の差がうまれにくいゲームになっています。

    「うたドン!」


    「うたドン!」というアプリを入れておけば、みんなでイントロクイズが楽しめます。やり方はとても簡単。イントロを聞いて、曲名がわかったら表示されているボタンをタップします。その後、4つの選択肢から曲を選び、正解・不正解を確認しましょう。

    曲のジャンルは定番曲から、ジブリ、アニソン、ボカロまで幅広いので、合コン参加者に合わせた出題が可能です。

    スマホ画面にはボタンが2つしか表示されないので、少人数の場合はチーム戦で1対1の対戦を楽しむと盛り上がります。大人数であれば、一人が出題者となり操作をすれば対応可能。100人参加の合コンで取り入れた実績もありました。

    「心理テスト300」


    初対面の人が多い合コンでは、できるだけ早く相手の性格やタイプを知りたいところ。ただ質問するよりも心理テストを取り入れてみてはいかがでしょうか。「心理テスト300」なら、300本を超える心理テストがジャンル別に紹介されているので、知りたいテーマを選ぶことができます。

    300本以上の心理テストが収録されていながらも、操作方法はとてもシンプルです。まずは恋愛、友情、仕事、下ネタなどのカテゴリを選びます。するとカテゴリに応じた心理テストが表示されるので、気になるものをタップしてすすめていきましょう。一人から大人数まで幅広く楽しめるアプリです。