どこからが不倫になるの?法的な定義と不倫のギモンを一挙解決!

あなたはどこからが不倫で、どこまでが不倫ではないのか説明することはできますか?不倫の定義は意外と曖昧で、境界線は人それぞれ異なるものです。そこで今回は、不倫に対する男女の意見や法的な定義、パートナーの不倫を防ぐ方法などをご紹介します。

  • 男女の関係はどこからが不倫になるの?

    男女の関係は一体どこからが不倫になると思いますか?「2人で出掛けたら…」「キスをしたら…」など、どこからが不倫だと思うのか、人それぞれ境界線は異なるもの。そのため、どこからが不倫なのか分からないと疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

    不倫=不貞行為


    不倫は、一般的に配偶者がいながら、別の異性と深い男女関係になることを指します。ただ、不倫は法律用語ではないので、明確な定義が定められているわけではありません。

    なお、法律上では不倫のことを「不貞行為」と呼び、「配偶者のある者が、自由な意思に基づいて配偶者以外の異性と性的関係を持つこと」と、民法770条に明確に定義されています。

    不倫は、刑法上だと違法ではないので、刑事罰に問われることはありませんが、民法上では不倫相手との関係性によって違法だとみなされる可能性もあります。

    ですので、もし客観的に見て不倫の事実があったと認められれば、立派な離婚事由ともなりますし、配偶者や不倫相手への慰謝料請求が認められることになります。

    不倫と浮気の違い


    「不倫」も「浮気」も、配偶者や恋人のような特定のパートナーがいるにも関わらず、別の異性と深い男女関係を持つことを指します。この2つの言葉は、明確に区別されているわけではありませんが、一般的に不倫は結婚している場合のみに使い、浮気は結婚しているかどうかは関係なく、恋人関係の場合でも使われます。

    なお、配偶者がいて他の異性と肉体関係を持った場合は、高額な慰謝料を請求されることになりますし、他にも社会的な信用やキャリアなどの様々なものを失うことになります。

    つまり、不倫だとそれがバレた時の責任が重くのしかかってくるという点が、浮気との決定的な違いであると言えるでしょう。